人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2つの原爆映画

2つの原爆映画

 原爆に関してのラジオ放送は、被爆直後から始まっていたが、映像としての放送つまりテレビ放送が実現するまでには12年ほどの年月を要することになる。この間、米軍による検閲という時期もあったにせよ、原爆の映像がまったく人々の目に触れることがなかったわけではない。映画がその役割を果たしていたのだ。ニュース映画もあったが、2本の劇映画が製作され、全国で上映されて、広島で起きた出来事を伝えた。その映画は、事件は過去の物語でとどまることなく現在も悲劇が進行しているという原爆の事実を描いて、日本人に深い衝撃を与えた。
 1952年8月に公開された「原爆の子」(新藤兼人監督)と1953年8月に封切られた「ひろしま」(関川秀雄監督)。この2本とも、51年に刊行された文集『原爆の子』(長田新編、岩波書店)という広島の被爆した子供たちの体験をもとにして、作られた映画である。 新藤の場合、原作からいったんはなれて、「新たなオリジナルシナリオ」を自ら書いて映画を撮った。幼稚園の先生だった若い女性たか子は8月6日被爆して、その後島へ逃れて教師をしている。そのたか子が7年ぶりに広島へもどって、かつての園児たちと再会するという物語。
関川作品は、文集をそのまま八木保太郎によってシナリオ化して映画を撮っている。高校生のみち子はある日白血病で倒れる。その病床にあって、あの原爆に遭遇してからの出来事を回想するという構造で話が組み立てられている。このなかで、みち子の同級生の男子が、この広島の悲惨を世界の人よりも日本中の人たちに知ってほしいと叫ぶ場面がある。被爆から7年しか経っていないこの時期、広島の出来事はよその地域ではまだほとんど知られていなかったのである。

この2本の映画は、原爆投下された瞬間を描く映像の技法においては対照的で、後に映像表現上大きな意味をもつことになるので、やや詳しく検討する。
 関川は原爆という未曾有の災厄を描くことに渾身の力を揮った。爆弾が炸裂して阿鼻叫喚の地獄となった場面を再現することに多大の力を注いだ。〈B29の爆音を聞きつけて、不安そうな女子学生や教師たち。その瞬間、画面が白くなり、ほこりが立ち、家が潰れ、馬が衝撃で倒れ、やがて死者、負傷者が延々と大地に横たわっているという光景に大きく変化。倒壊した家屋の下敷きになってうめく人々。発生した火災に追われて水の中へ逃げ込む生徒や教師。〉この被爆の場面のために8万人を超えるエキストラを動員し、太田川の現場で火炎を再現するなど、可能なかぎりの「演出」をして、関川は原子爆弾の悲惨、非人道性を表そうとした。
 一方、新藤は原爆が落ちた瞬間を「生で」描くことを避けて、象徴的なカットを連ねるモンタージュで惨劇を表した。〈迫ってくるB29、河原で子供たちがキャッチボールをしている、母の乳房をしゃぶる赤ん坊、秒針が動く、ひまわりがしぼむ、〉から爆発後の〈死んだ母の乳房にすがりついて泣き叫ぶ赤ん坊、小鳥が鳥かごの中で焼け死ぬ〉という一連のカット群である。運命の瞬間の再現には膨大なカネがかかるから、この手法をとったと新藤は正直に記している。だが、爆心の地獄そのものを描くことができなかったことを新藤は今も悔いていて、将来「ヒロシマ」という映画を作って、そのなかで巨費を投じて被災、被災直後を映像化したいと新藤は熱く語っている。現在99歳の新藤はまだ映画を撮り続けている。

 原爆の「残酷」をいかに描くか表すかは大きな問題である。再び新藤の言葉を引く。
《1秒2秒3秒の間に何が起きたか、白閃光に人間が焼かれ、爆風に吹き飛ばされ、何万という人間が悶絶した、その実態は、だれも示していない。》
 原爆を映像化するとき、劇映画であれドキュメンタリーであれ、この表現が作品の質に大いに影響する。テレビドキュメンタリーではだいたい3つの技法を多く用いてきた。
一つめが新藤さんが採用したモンタージュ。テレビ現場ではイメージカットと呼ばれている。2つ目は、広島に投下された実際のきのこ雲の映像で運命の瞬間を表す技法。3つめは、画面を真っ白に塗りつぶすホワイトアウトの技法。これらの技法を用いるとき、共通に大切なことは、同時に流れる音響だ。その効果音が映像の指示する意味をさらに強化する。

 なぜ、こんなことを考えたか。
あらためて、日本人の原爆観はテレビというメディアを通して形成されていると知る。では、いつごろから今のような8月ジャーナリズムになっていったのかを俄然知りたくなった。去年の3/11以来、原爆、核というものが、われわれの脳の襞にどう染み込んでいるのかを腑分けすることが肝要じゃないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-03-25 16:49 | Comments(0)
<< 何合目かなあ イノシシが >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧