人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

イノシシが

イノシシが

久しぶりにお休みをもらった。
ゆっくり大磯へ帰った。相模川の鉄橋を渡るとき車窓から富士山がくっきり見えた。春の陽射しがまぶしい。だが、汽車から降りてみると風は冷たい。まだ春とはいえない寒さが大気のなかにある。

戸板康二の『句会であった人』をのんびり読んだ。クボマンにつながる人脈だ。川口松太郎、小島政次郎、安住敦らの素顔がほっこりと描かれている。弛緩して、気持ちを洗濯するにはうってつけの本だ。昼過ぎ、喉が渇いて台所を探したら、隅に「酔心」の5合瓶があった。4分の一ほど残っている。冷蔵庫にはツマミになるようなものは見当たらないから、冷のまま飲んだ。

5時過ぎ、戸締りをして家を出た。夕日が向山を照らし出してきれいだ。2つの鞄をぶらぶら下げながらツヴァイク道に向かう。
道の入り口に、「イノシシ注意」の看板が立ててある。以前より警告の度合いが進んでいる。
山道の脇にムラサキハナナが可憐な花を咲かせていた。
麓まで行くと、建築士のHさんと出会う。大きな荷物を両脇にかかえて、ゆっくり登ってきた。お久しぶりですと挨拶を交わして、近況報告しあう。
分かれしな、Hさんが遠くを見ながら、「あれ、置物かしら」と呟く。麓に広がる草わらのほうに目をやると、イノシシが佇立していた。
じっと、こちらを見ている。が彫像のようで恐怖心はおきない。
Hさんも呆れた様子で、「ずいぶん近いところにいるのねえ」
しばらくすると、イノシシは向きを変えてとぼとぼと山道を上がっていく。やがて、林のなかに消えた。
なんだか、夢を見ているような気分。夕日が足早にかげっていく。
Hさんと別れて、イノシシが消えた林のほうへ、そっと近づいてみた。何の物音もしない。
もっと近づいて、イノシシを挑発しようかとも思ったが、黄昏時では危険かと思い直して、本道にもどる。
ツヴァイク道を通い始めて15年になるが、獣に出会ったのは初めての出来事だった。Hさんの話によれば、先年、イノシシを飼っていた住民が引っ越して出ていくときに放置したのが野生化したということだが、無責任な飼い主もいるものだ。

 山影はすっかりくろずんで、カラスの鳴き声も絶えていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-03-22 07:23 | Comments(0)
<< 2つの原爆映画 ジャクソン・ポロック >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧