人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ジャクソン・ポロック

このところ多忙

春分の日も仕事だった。来週放送の「極上美の響宴/ジャクソン・ポロック」のMA(マルチ・オーディオ)作業が終日赤坂で行われた。57分のビデオ構成で、ナレーションの分量も半端でない。語りは井上二郎アナウンサーだから長丁場のコメントも安心して聞いていられるが、作業は慎重に進められた。

プロデューサーは旧知の浅野くん。かつていっしょに木村伊兵衛のドキュメントをやったことがある。力のある人だ。彼の指揮のもと作り上げて来たポロックはなかなか見応えのあるものとなった。
今年はポロック生誕100年。それを記念して、現在ポロック展が近代美術館で開かれていて、なかなかの盛況だそうだ。ポロックの名前が注目されたのは、2006年に「ナンバー5」という作品が165億円で売買されたときだ。ピカソを越えたと喧伝された。
番組は、代表作「秋のリズム」をめぐっての逸話を軸に展開していく。

近代美術が宗教や歴史の従属から解放されて、絵の自律を目指して歩んで来た果てにキュビスムまで来て隘路に陥る。そのとき君臨していたのがピカソだ。そのピカソの呪縛を越えたいと、現代アートはさまざまな格闘をするのだが、そのひとりがポラックだった。

彼はキャンバスをイーゼルから下ろして床に置き、絵筆を画布から離して、「垂らす」という技法を発明するのだ。そのアイディアのもとになったのが幼い頃見聞していたネイティブ・アメリカンのナバホ族の砂絵だった。
こうして、ポロックの絵筆から絵の具が滴り落ちて描かれる技法、ドリッピング、ポーリングが生み出されるのは、私が生まれた1948年頃のこととなる。

この番組で面白いのは、この技法を実際にアーチストの石井竜也さんにやってもらうことだ。一見お気楽そうにみえるドリッピング、ポーリングもやってみると至難の技であることがみえてくる。
さらに、オーストラリア在住の物理学者にも「ポロカイザー」という自動描画装置を使ってもらって絵を描くシーンなどもめっぽう面白い。

ポロックの絵は、画面に焦点をもたない「オールオーバー」というのが特徴。見る者の視線をあちこちに散らすというこの概念をはじめて実現したのがポロックだったのだ。この絵は近年の言葉を使えば、「フラクタル」を有していたということが次第に明らかになってくる。全体像と部分がおなじ構造をもつ現象。実は、これは自然のもつ規則性でもあるのだ。

現代アートの革命児であったポロック。だが、その盛りはわずか4年ほどしかない。その後描けなくなり酒におぼれていく。ほとんど自殺に近い交通事故で急死する。ときに享年44。

わが番組の副題は、「飛び散る線の謎〜ポロックの”自然”」。3月28日、BSプレミアムで放送される。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-03-21 09:46 | Comments(0)
<< イノシシが 深川あたり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧