人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

波郷の句にひかれて

波郷の句にひかれて

石田波郷の名前は、むろん前から知っている。だが、あらためて波郷句に正面からむかうことになった。

泉への道後れゆく安けさよ
結核の治療を終えた波郷が、久しぶりのピクニックに出たときの句である。波郷は終生肺病に追われた。清瀬の療養所で始めた句を通しての交わりは広がりをもち、幾人かの俳人と小説家を生み出すことになる。結城昌治のみならず、直接ではないが、藤沢周平にも影響を与えた。病者たちの労作は療養句というジャンルとなっていく。

実は、今、波郷の「江東歳時記」という50年ほど前に書かれた新聞のコラムを利用して番組を作っている。5月にオープンとなるスカイツリーの関連番組だ。波郷が歩き回って書いたエッセーの舞台は、スカイツリーのお膝元にあたるのだ。半世紀前の現地の様子を波郷は丁寧に愛おしげに綴っている。当時、彼は砂町に住んでいたのだ。四方を運河に囲まれた埋立地で、地方からの人が多く住む庶民の町だった。空襲の跡もあちこちにあった。
秋草や焼け跡は川また運河

そういう江東の地を波郷は歩き回って文章をものするだけでなく、趣味のカメラで風景を切り取った。ときには、小学生になったばかりの長男とその妹の二人の子を連れていった。
 長男の修大さんは、「(カメラを持って)やがて焼け跡をかけまわる私たち兄妹のあとを、ゆっくりゆっくり歩いていた父を思い出していた」と回想している。
病む身来て五月の廃墟風遊ぶ
波郷には終生病がついてまわった。享年も50を少し超えただけ。早い死であった。

 その波郷ゆかりの地を、モデルの押切もえさんと5回にわたって歩く紀行番組。放送は五月。これを機に、波郷句を読破しようと思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-03-13 16:21 | Comments(0)
<< 春遠からじ 3・11 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧