人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2つの映画

2つの映画

先日、関川秀雄監督の映画「ひろしま」を鑑賞して、ずっと引っかかるものを感じている。
なぜ、この映画は公式記録から抜け落ちて、忘れ去られた映画になったのであろうか。これは独立プロの自主映画だったから、大手5社などの圧力もあったのではないだろうかというような理由が喋喋されてもいたが、どうもそれは真実ではないようだ。

というのは、同じ独立プロで前年に新藤兼人監督「原爆の子」があるが、これも同じ製作スキームで作られたが、自主上映などを続けて巡演し、きちんと映画史のなかでも位置づけられている。配給も北星映画と同じで、いささかの興行面での不利益はあったかもしれないが、抹殺や黙殺などない。だから、「ひろしま」が忘れられたのは別の理由だと思う。

実は、両者は同じ題材から映画を作っている。長田新編「原爆の子」。これは広島の被爆した子供たちが境涯を作文したもののアンソロジー。ここにあるエピソードを利用して、映画「原爆の子」と「ひろしま」が生まれた。

ほぼ同じ頃に企画が進行したようだ。新藤によれば、「ひろしま」製作を支援していた日教組の幹部が来社して、新藤の映画を断念するよう要請、説得をしたという。新藤が拒否すると、幹部は労組の者とも思えない罵詈を投げつけたと、新藤は書いている。両者の間に、かなりの緊張があったと推測できる。後に、日教組は新藤の「原爆の子」の出来が気に入らなくて、新たに関川の作品を作ることを目指したという伝説が生まれるが、前述した新藤、日教組幹部の決裂の顛末がオーバーに伝えられたのではないだろうか。

新藤映画は、原爆投下の数年後、生活を破壊され健康を脅かされている被爆者の姿を中心に描いている。関川映画は、原爆を搭載したエノラゲイ号がテニアンの基地を飛び立つところから始まって、原爆が投下されて、その威力で市民が虐殺されていく様子を描くことに主眼を置いている。原爆の悲惨に関していえば、関川映画のほうが迫真的であるが、ドラマとしては単調な気がする。新藤映画は、「舞踏会の手帳」形式の、ある意味で叙情的な物語。原爆の直接威力を描くことよりも後遺症、暮らしの破壊をじわりと描いて、悲劇性を浮き彫りにしている。つまり、ピカドンの殺傷力、残酷性など威力は関川映画のほうが派手だ。映画の見世物性においてはこちらに軍配があがる。にもかかわらず、映画として記録に残らなかったのはなぜか。

この映画のスポンサーが労組であるという理由だろうか、それとも反米感情が露わであることだろうか。アメリカによる妨害であれば、むしろ新藤作品「原爆の子」が欧州のコンクールに出品されたときに、かなり執拗なことがあったと言われる。少なくとも、国際社会でまだヒロシマが認知されない1953年段階では、両者ともアメリカにとって喉に刺さった小骨であったことはちがいない。さもなくば映画の技術的なことなどが関わっているのだろうか。性急な結論を出さず、もう少し調べてみよう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-03-06 13:17 | Comments(0)
<< 淋しいのはおまえだけじゃない 映画「ひろしま」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧