人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

あかんなあ

あかんなあ

 日本の男子サッカーあかんなあ。ウズベキスタン戦、なんか気合いが入ってなかった。試合を見始めたのが後半の20分過ぎからだが、日本勢の動きがいまひとつ鈍くみえた。残り10分あたりでは運動量が相手のウズベキスタンにくらべてガクンと落ちていた。スポーツにはほとんど関心ないが、この2,3年サッカーだけはよく見るようになっていたのも、ザック日本の活躍が楽しみだったからだ。それが昨夜の試合は不甲斐無かった。腹が立った。
むかっ腹を立てた原因はその前に見た映画『J・エドガー』が期待外れだったことがあるのだが。

 クリント・イーストウッド監督の最新作ということで、それほど外れることもあるまいと劇場に足を運んだ。渋谷の一番館なのに場内は客がまばら。変だなあと疑念をちらっと抱きながら席についた。
 あの不愉快な予告編のオンパレードもなく、すぐ本編が始まったところまではよかった。
主演はディカプリオで、時代設定が1930年代の金のかかったセットが使われている。物語は、FBI諜報活動の親玉だったフーバー長官の実話に基づいたもの。きっと悪辣な公安の裏側を見せてくれるものと期待していたが、見事に外れ。
 謀略、母へのコンプレックス、同性愛者などのファクターは一応すべて使われているし、リンバーグ愛児誘拐事件、ルーズベルト夫人工作などの著名な話も出てくるのだが、まったく興趣が湧いてこない。脚本がまた小刻みにカットバックするから、どこまで現在形でどこから過去形なのかも当初の30分はとまどうこと頻りであった。
 木戸銭を払っているから最後まで見るには見たが、退屈で、時間の無駄と断じたい映画だった。やはりハリウッドは力をなくしている。スピルバーグの「戦火の馬」もCGだらけの紙芝居のような映画だろうし。

それにしても、メディアの批評のあたらないこと夥しい。ネットにこんな記事があった。「なんといっても監督はヒューマン・ドラマの巨匠クリント・イーストウッド。3度ノミネートされながらも逃し続けた念願のオスカーを、レオナルド・ディカプリオが手にするにはこれ以上ないテーマといえるのかもしれない。」冗談はよしこさんだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-03-01 10:16 | Comments(0)
<< 映画「ひろしま」 閏年の閏月、閏日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧