人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

今どきの映像

今どきの映像

この2月は寒い日が続いた。被災地には二重の苦しみだろうし、新潟、富山は雪害の地獄だろうと想像した。だがエゴイストな私は断続的に襲って来る地震におびえて、再び震度6以上の強烈なやつが来たらどうしようと心配ばかりしていた。
3・11以来、エレベーターに乗ること、映画館に行くことがすっかり苦手になった。それが2月には3度シネコンに行くばかりか同じ映画を2度見ることになった。2度見たのは「ドラゴンタトゥーの女」。久しぶりにミステリーの面白さを堪能した。もう一本は「続・3丁目の夕日」で、悪くはなかったが1本目の感動はなかった。今見たいのはイラン映画「別離」。ベルリン金熊賞を受賞したという作品と園子温監督の近作だ。私の周囲では話題になっている。

テレビ映像も立て続けに、DVDで3本見た。伊丹十三の伝記[伊丹十三『お葬式』への道]、日本オオカミの伝説を描いた「見狼記」、坂本龍一と奇跡の一本松を記録した「坂本龍一フォレストシンフォニー」。
伊丹さんは昔から関心をもっていて、いつか自分でもドキュメントを作ってみたいと資料を読んだことがある。その関心から本作品を見ると、内容的にも物足りなかった。「遠くへ行きたい」をともに作ったテレビマンユニオンが担当しているから何か新しいことがあるかと期待したが、内田樹がインタビューに出演しているだけが特筆で、ほかにはみるべきものがなかった。最も大きな伊丹の謎、大江健三郎との関係について、意識的に離れていると感じた。おそらく、このドキュメントは宮本信子の許諾のもとで出来上がっているのだろう。伊丹の少年期における野上照代の証言、松山東高時代の大江との関係、浪人中の大阪、芦屋での伊丹、大江、そしてゆかり夫人の関係、最晩年の関心である産業廃棄物と業者のことども。山口瞳との入り組んだ交友。これらの「謎」を解き明かすのは、長男の成長を待つしかない。

坂本龍一は、大江光の音楽をポリティカルコレクトネスと決めつけたときから好きでない。彼のエコロジカルな発言なども嘘くさく思えて、その音楽に惹かれることはない。樹木に電位が発生していて、それを音楽で表そうという試みについてのETV特集も期待はしていない。見終わっても深いものは残らなかった。特に文化人類学者とのやりとりは、なんだか薄っぺらいものに思えて仕方がない。反原発の思想を我々はもっと鍛えておかなくてはいけないのじゃないか。と、坂本の高慢を、私は生理的に嫌っていることをあらためて思い知る。

今回のDVD視聴でいちばん心に響いたのは「見狼記」だった。絶滅したと思われる日本オオカミの行方を追う、私と同世代の男が主人公の物語。60分サイズのETV特集であったが、味わい深い内容と映像だった。幻となったものを、気配を追いかけるという制作者の志が素敵だ。東のオオカミ伝説を紹介したあと、西の伝説に挿話が移るのだが、主人公は東にとどまって西の場面では出てこない。彼を連れていく旅費もないのだろう。少ない制作費をやりくりして、野宿までして映像を作り上げようとする小さなプロダクションの苦労を思って感動した。2011年度のETV特集の60分サイズでは、「おじいちゃんと鉄砲玉」と「見狼記」が出色だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-02-26 11:43 | Comments(0)
<< 冬の終わりも近づいて 頑張れ、後輩 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧