人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

南木佳士の小説集

パニック障害とうつ病

南木佳士の小説集を昨日入手して、明け方2編ほど読んだ。「神かくし」という作品が人の一生の終わりということを考えさせて心に残った。
南木は私より2歳下、同世代。信州の病院に勤務する現役の呼吸器科の医師でもある。
芥川賞を受賞した翌年、突然得体の知れない空虚感にとらわれる。パニック障害とうつ病
の始まりであった。南木自身の見立てによれば、長年肺がんの患者の治療にたずさわり、そのあっけない儚い死をあまりに見過ぎたということによるという。
その後、生き方、働き方を大きく変更して、その病と共生することを南木は勤めてきた。
50歳から、信州という地の利をいかして、近郊の山歩きをするようになった。

仕事柄、40代になるかならぬかでうつ病をかかえる南木だが、凡人であるわれらも50代の半ばになると人生の空虚さを感じて、「死」ということが眼前に登場するようになるものだ。だから、南木の小説も遠い話でなく、身につまされる物語として受け止めている。

「神かくし」は、心を病んだ医師が患者の田村さんという90歳になる老女との交流を描いた作品。10年前に死に掛けた田村さんと主人公の間に、ある「しこり」があるが、その後も主治医の立場は続いている。
ある秋の日曜日。朝早く、山へきのこ狩りに行く田村姉妹を見かけて、主人公も連れていってもらうことから小説は始まる。田村妹も80を過ぎた高齢だろうが、姉とちがって女らしく控えめ。くらべて姉は主治医に対しても横柄。対照的な姉妹にみえる。
きのこ山に入って、最後にきのこ汁を作って食べる。その間に、去来する田村姉の看病記が隠れた主題となっている。

医師でありながら、うつ病を病んでいる主人公は自分に否定的。人生の終末に対しても医師らしくない観方をしている。一方、田村老女は死に対しても生に対しても覚悟をもっている。その二人の裂け目が物語りの終末で鮮やかに切り出される。

明け方の4時に読み終えて、しばらく眠れなかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-02-23 11:52 | Comments(0)
<< 断捨離しがたく ひょんなことから >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧