人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ソナチアン

ソナチアン_c0048132_17484593.jpg
ソナチアン

「冬のソナタ」の特番を構想したとき、冬のソナタファンとはどういう人たちだろうと
いう疑問がまず湧いた。
それを把握するために、ファンレターや反響の手紙を読むことにした。およそ1万の中からその3分の一ほどを3日かけて読んだ。
読み終えて、驚いた。魂消たといっていいかもしれない。手紙のほとんど、9割が女性、しかも30代の働き盛りから、40、50、60代の熟年だった。
30代、40代の人たちはともかく、恋愛、ということから疎くなっていると思われる女性たちがこのドラマを強く支持していた。手紙の表現も筆跡も落ち着いた品性があった。
 だが、内容は熱く情熱的ですらあった。中には「私はミニョンさんに恋する80歳の
乙女です」というものがあった。長く忘れていたものを思い出したという声もあった。

その熱心さに、私はほだされた。日頃声を挙げることなく静かにつつましく生きてこられた大人の、この女性たちのために、特番を作ろうと決意した。この人たちが喜ぶ顔を見たいと思ったのだ。

番組を進行していく際、こういう人たちを愛称で呼びたいと考えた。スタッフみんなで
頭をひねった。「冬のソナタを愛する皆さん」では長すぎる、「冬ソナファン」では軽い。
妙案がなかなか出ない。

冬のソナタなので、ソナチストではどうかという声があった。何かナルシストの匂いがするなあ。
「ハリーポッター」のファンはポッタリアンだと知った。では、そのままであればソナタリアンか。どこか、オバタリアンと音が似ているのが気になるところ。
ソナチアンではどうだろうか。音はきれいだ。短くてすっきりしている。この案に決定した。
「冬のソナタへようこそ」と言う番組で、小野アナにソナチアンと呼びかけてもらったのである。

反響はおおむね良かった。が、中には少女趣味で気恥ずかしいという声がキャリア女性を
中心にあったことも事実だ。だが、このドラマの世界に浸るときだけは、夢見る頃に
もどってもいいじゃないのと、私は内心思った。

今、私は新しいソナチアン像をもっている。それは、冬のソナタで韓国ドラマに関心をもち、
以降たくさんの韓流を視聴してきたものの、ここへ来てやはり「冬のソナタ」が一番と再確認してきている人、このドラマの素晴らしさを他との比較で考えず、これ以外のドラマには目がいかない人たち、を「ソナチアン」と呼んであげたいのだ。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-05-11 17:48 | 冬のソナタの秘密 | Comments(3)
Commented by ドラマや映画で韓国情報! at 2005-05-11 20:17 x
TBありがとうございました。
最新の韓国情報を収集していますので、
よろしくお願いします。
Commented at 2005-05-12 02:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-05-12 11:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ソナチアン考 大磯ぐらし >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧