人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

応答せず

応答せず

たしか、花田清輝のエッセーに「ノーチラス号応答せず」というのがあったと記憶する。
有名な吉本隆明との論争で、書かれたものであったはずだが、内容より、そのタイトルの格好よさが心に残った。

 3・11以来、震災、津波、原発ということが国民的課題のように、メディアで語られているが、忘れてはならないのが沖縄普天間の問題だ。米軍「占領」という不自然な情況が60年にわたって続いてきて、さまざまな苦難と不利益を押し付けられてきた沖縄が、新たな道を歩くための第一歩にもなる普天間。先の宜野湾市の市長選挙でも、住民の意思は基地を固定化させたくないというものだ。前の政治権力の置き土産だと民主党もシラをきり、先延ばし出来ないところまで来た。これ以上、沖縄に本土の矛盾を押し付けるわけにはいかない。
 総合誌「世界」は1月号から沖縄のことを丹念に追っている。なかに、元上司だった人物の論文が掲載されている。元NHK沖縄局長、NHKエンタープライズの取締役だった、座間味朝雄さんの遺稿となった「情報の絆―米軍の情報分断政策と戦った沖縄」。座間味さんは昨年11月に他界した。

 この論文が3回にわたり掲載され、今月で座間味担当分は終了した。これは沖縄がアメリカ統治下にあった1959年、日本と沖縄を結ぶマイクロ回線を設置しようとしたことに対して、アメリカ側から再三にわたって嫌がらせを蒙り、なかなか全回線を接続できなかった問題を取り上げている。これまで知られなかった沖縄「独立」の戦いを、座間味さんは丹念に追って、歴史の光をあてた。
だが、後半になると、病が体を蝕み、この事件の原因、理由の解明にまで至ることがかなわない。死が目前に迫っていたのだ。出来ないことが「無念である」という言葉で、この論文は終わっている。
 読了して、感銘した。あの温厚で篤実な座間味さんのなかに、これほど父祖の地に対する熱い思い、正義への希求があったことを知って感動した。

ところが意外だったのが、職場の反応だ。これほどの力作に、誰も関心をもっていない。ほとんどのディレクターは論文を読んでもいないらしい。これでは応答などできやしない。
「無念である」という座間味さんの遺言は、歴史の闇に消えた事実の解明を、後生は続けてほしいという呼びかけであったはずだ。
 これに応答したのは、私が知るかぎり、先年NHKを退職して武蔵大学の教員になった永田さんしかいない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-02-21 12:27 | テレビって何だろう | Comments(0)
<< ひょんなことから 会員番号2 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧