人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

克服したぜ

克服

 午後1時から大橋病院でMRI検査を受けた。
閉所恐怖症の私はこの検査が苦手。とにかく、あの電子洞穴のなかに送り込まれるだけで「発狂」しそうになる。マシンはまるでお墓にしか見えない。死して弔われているのではないかと勘ぐりたいような構造になっている。

その閉所に入るだけでも苦痛なのに、そこで検査のために留まる時間が、なんと20分。しかも洞穴のなかには凄まじい音響が飛び交う。以前、脳内出血を発症したときに、このマシンに放り込まれた。我慢と辛抱を重ねて8分滞在したが、そこでついにギブアップ。手にしたSOSの合図信号を押す羽目に陥った。苦い思い出である。

 今回も同じ結果になるのではないかと恐れ、病院の玄関を入ったときから憂鬱だった。
地下一階のMRIルームに行く。若い看護師さんがにこやかに、私の調査を行う。
「これまでに経験したことは?」「2回、いずれも途中で敗退」
「閉所恐怖症だと思いますか?」「そうだ。とにかく、身動きできなくなるのを恐れる」
「では、中止しますか?」「いや、ここまで来たら、やります。キャンセルしても検査料はしっかりとられるのだし。途中離脱もあるかもしれないが、一応チャレンジします。」
若い看護師の前で引っ込みがつかなくなったのもあるかもしれない。ヤケッパチになっていたのかもしれない。私はパジャマに着替えて、マシンの前に立った。
 ゴトンゴトンと、私のフレッシュ(肉体のことを英語でこう表現すると聞いたことがある)はMRIマシンの洞穴の奥まで運ばれ、停止した。目の前に金属の壁。く、苦しい。
スピーカーから看護師のガイドが流れる。「リラックスして、悪いことを考えないように。でも我慢しすぎると、精神に悪いですから、そのときは遠慮なく、ボタンを押してください」どっちなんだよ。
「始めます」の声に続いて、マシンが動く。ガーオン、ガーオン。ヤダヤダ、ヤダヤダ。ギスギスダ、ギスギスダアアア。機械音は2分毎に音色?が変化する。目を開けると圧迫感が強まるから目を閉じる。
鼻の頭がかゆい。掻きたい。だが、手を動かしてはいけない。額に何かが乗っている、ほこりか、羽虫か。・・・・
だんだん腹が立ってきた。
誰が悪いのか。不摂生の果てに病になった自分自身が一番悪い。だったら、この怒りをもっていく場がない。高校時代の数学の教師を思い出した。一番、殴ってやりたい奴だ。出て来い。だんだん幻想、幻聴の世界に入って行っているのだろうか。不安があたまをもたげる。この苦痛があとどれぐらい続くのだろうか。

と、マシンがストップした。
「終わりましたよ。出来たじゃないですか」看護師の天使のような囁き。
思いがけなかった。所要時間20分は、本日は7分ぐらいにしか感じなかった。やったー、ついにMRI克服。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-02-15 16:18 | Comments(1)
Commented by 永田浩三 at 2012-02-16 00:18 x
MRIは、私も本当に怖いです。3年前、肝臓がんを疑われて、しかたなく受けましたが、あの音が恐怖でした。恥ずかしいですが、胃カメラは、今も怖くて一度も経験したことがありません。医療者側に一方的に服従することにも、拒否感があります。そうは言っても、体が大事。しかたなく受ける日が、いずれは来るのだと思いますが・・・でもやっぱり嫌なものは嫌です。
<< ちぎれ雲倶楽部 1号 いっしょに見ること >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧