人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

強迫行為が転じて馬上、枕上、厠上

強迫行為が転じて馬上、枕上、厠上

 昨夜の8時を回った頃だ。読んでいた萩原葉子の『いらくさの家』のページを繰る手を止めた。何かが「危険」という信号を送ってきた。微かに私の頭のなかで弾けるものがあった。目黒の家で一人でいたときのことだ。

 金曜の夜、ひとりで大磯の家に泊まって、広島原爆に関する資料を引っ張り出してあれこれ考えた。誰もいない大磯の家は静かで、考えに集中できる。番組の企画書を作るのもこのやり方だ。環境が静謐であることに加えて、資料が豊富であることがいいのだ。納戸に昔長崎時代広島時代に入手した書籍やデータが雑多に放り込まれている。
この夜は冷え込んだが、ストーブをがんがん点けて広島放送局の黄金期80年代の資料をがんがん読み込んだ。思わぬ事実を見つけて一人で小躍りもした。次の日の朝、パンと紅茶だけ口にして、戸締り火の元を点検して、大磯の家を出た。

その最後の点検のことでぱちんと頭の中で弾けるものがあったのだ。
電源は止めた、ガス栓はたしかに閉めた。だが、・・・
風呂の水道の栓はきちんと閉めただろうか。昨夜、一人で風呂に漬かったあとは湯を捨てた。最後にバスタブに水を流して洗い、自動湯沸し機のボタンをオフにした。水道の栓には触らなかった。だから、水は止まった状態になっているはずだ。
だが、水道の蛇口から水がぽたぽた落ちているイメージが私の脳内にぱーっと広がる。打ち消しても、そのイメージはなかなか消えない。放置しておいたら、何か悪いことが起きそうな気がしてくる。じりじりしてくる。大磯へ帰るか!?

 時計を見ると、まもなく午後9時になろうとしている。今から品川へ出て、山上の家に戻るのは10時を回るだろう。そこで点検をして家を出て再び駅に向かうと、上りの電車に乗るのは、どんなに早くみても10時半。それで品川まで出て、目黒へ帰るのは午前0時を回るにちがいない。しかも、夜が更けて外はますます冷え込んできた。人っ子一人いない山道はおっかないぞ、寒いぞ。逡巡すること数回。

結局、思い切って出かけた。カバンには原稿と筆記具をつめて、セーターを2枚重ね、キルティングのコートを羽織り、マフラーを首にぐるぐる巻きにして、完全防寒で夜の東海道を南下した。コートの内ポケットにはウィスキーをしのばせておいた。
日曜の夜8時だというのに、東海道線の乗車率は120パーセント。坐る席がない。横浜まで立っていた。座席についてから、私は原稿を取り出して、赤ペンを入れることに精を出す。周りがざわざわしているから、睡魔が来ない。10ページほど夢中でチェックしていたら、いつのまにか平塚まで来ていた。

10時前、大磯着。駅を出て家に向かう。夜道に人は誰もいない。
ツヴァイク道に入ると、ますます総毛立つような恐ろしい夜道。道の入り口で枯れ木を取り上げ、護身刀とする。それをびゅんびゅん振り回しながら、夜道を駆け上がった。

家にたどり着いてチェックをする。案の定、風呂の栓はしっかり閉じられている。
他の火の元もすべてオフになっている。
再び、元来た道を引き返すが、下りは早いし怖くない。あっというまに上りの湘南新宿ライナー籠原行きに乗り込む。さすがに10時過ぎの上りには人は乗っていない。4人掛けボックス席に陣取って、私は原稿の続きのチェックを開始。平塚、藤沢、大船、横浜、武蔵小杉、およそ50分、私は集中した。
古来中国では、いい考えを思いつくには、馬上、枕上、厠上という。馬の上か、寝ながら枕の上か、トイレの中で考えるかという意味。夜汽車で勉強がはかどった私は、さしづめ車上か。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-02-13 15:51 | Comments(0)
<< いっしょに見ること 100歳の人生 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧