人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

100歳の人生

100歳の人生

岩橋邦枝の『評伝野上弥生子 迷路を抜けて森へ』は面白かった。書き下ろしの作品と裏扉にある。岩橋は何年かけてこの評伝を書いたのだろう。その筆力と人を見つめるまなざしの強さ、読みの深さに驚いた。
野上は99歳と11か月生きた。最後まで“文学者として”年をとった。これは夏目漱石の教えでもあったと岩橋は説いているが、弥生子は終生その教えを守ったことになる。

それにしても華麗な人生だ。デビューに漱石と出会って教えを受け、漱石門の俊秀野上豊一郎と結婚し、初恋の慕情を美男中勘助に抱いた。しかも弥生子が結婚してからもその思慕は数年続いたと岩橋は書いている。華麗な人生はこれでとどまらない。友人に宮本百合子をもち、その関係で宮本顕治とも交流し、夫豊一郎没後には哲学者田辺元に60代で恋をした。その豊かな感情生活を土壌として、『迷路』、『森』という骨太な小説をものすることになったのだ。
 家族関係においてもきわめて円満にして華麗。夫は法政大学総長まで務め、その任の最中に他界したが3人の男子をもうけた。長男素一はイタリア留学を経て京大教授、次男茂吉郎は東大教授 、3男耀三が東大教養学部長と秀才揃い。弥生子も相当な教育ママぶりを発揮したこともあって、次男は隣に住み、3男は向かいに住んだ。弥生子が死去したとき3男は病床にあった。「母より先に死ねない」と言っていたが、4か月後死んだ。3人の息子はこぞってマザコンに仕立てたのだ。岩橋の評伝はこれまでの野上弥生子像を打ち砕くかのようなリアルで辛辣なまなざしで、彼女の文学人生を洗いだしている。根底に筆者の野上に対する敬慕があるから、嫌な感じがしない。

 野上と大江健三郎の関係も興味深い。野上の葬儀では委員長を谷川徹三が勤め、司会を大江が担当するほどの仲であった。
両者は同じ成城に住み、北軽井沢の大学村で山荘の軒を連ねる仲であった。
ある夏の終わり、北軽での出来事。大江は光を連れて川遊びに出かけた。清流で光を遊ばせていた大江がふと視線を感じて見上げると、山荘の窓辺に立って、光をじっと見ている野上の姿があった。というエピソードを大江から聞いたことがある。

100歳まで明晰で冷静な認識を保ち続けたというこの大きな理性に惹かれた。ところで、なぜ今野上弥生子の評伝が出版されることになったのだろうか。時代との結びつきを気にするのは、われわれテレビ屋の悪い癖ではあるのだが、やはり気になる。

とここまで書いて目黒図書館に行った。そこで、『人間・野上弥生子「野上弥生子日記」から』(中村智子)という1994年に出版された本を見つけ、すぐさま読んだ。すると、今回の評伝とまことによく似た内容であることに気がついた。てっきり岩橋のオリジナルと思っていたのだが然にあらず。むしろ、中村本のほうが事実関係はよく書けている。うーん、複雑な心境だ。ますます、今回あえて野上を取り上げたのは岩橋にふくむところ、もしくは期するところがあったのか。
それは何だったのか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-02-12 11:17 | Comments(0)
<< 強迫行為が転じて馬上、枕上、厠上 穂高行き3 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧