人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

穂高行

穂高行

2月5日から8日まで岐阜県側の穂高山岳地帯に入った。
穂高は信州の松本から入り上高地より望むものだと思っていたから、飛騨の穂高というのは意外だった。

5日の朝7時に渋谷を出発して、中央高速を通って一路松本を目指した。よく晴れていて、山梨県に入ると白根三山から八ヶ岳までくっきりと見えた。雪で峰が際立って、青空に映えた姿は美しい。小淵沢を越え、信州に入る。塩尻、岡谷をぬけて松本。高速を降りた出口の側にあるセブンイレブンで休憩。午前10時を回っていた。

 ロケバスには、局のP(プロデューサー)、制作会社のP、同じくD(ディレクター)と私。それ以外に登山指導の小西さんと仲間3人。合計8人が乗っている。小西さんはヒマラヤの数々の峰を踏破している猛者。その小西組の最年少は明治大學OBのミトロ君。見かけは小柄でおとなしそうだが、背負う荷物は28キロ。これを担いで雪山を行くという。山男たちの強靭な肉体に脱帽。
車は松本から高山に向かうルート、野麦峠に向かって走る。よく晴れて、気温も上がり快適。

30年以上前、夜行で新宿を出発して穂高涸沢のキャンプ地まで行ったことがある。朝早く松本に着いて、電車で新島々まで行って上高地を目指して歩いたことを思い出した。初めて見た河童橋、穂高の峰の気高さが心に残った。

車は電車の道とは違って、いったん飛騨高山のエリアまで入る。ちょうど穂高の裏側に回り込む。平湯温泉、白骨温泉など奥飛騨温泉郷。3桁の湯の里が点在する。
道はしだいに雪が多くなる。スリップに注意して徐行しながら車は新穂高温泉を目指した。

12時過ぎ、現地到着。唯一の宿、ホテル穂高に投宿。標高1117m。ロケスタッフは山にこもるが、安全管理の私、局のP、制作会社のPの3人はホテルに陣取って、撮影を見守ることになっている。昼食は山頂の山小屋でとることにして、全員、雪山行軍の装備をつける。
ロープウェイは1時間に2本運行。風速15mを超えると停止となる。気候が安定しているうちにとにかく頂まで行くことにした。このロープウェイは2段階になっていて、まず最初の第1ロープウェイで鍋平まであがり、そこで乗り換えて2156mの西穂高口まで上がりきる。
穂高行_c0048132_16211094.jpg

傾斜角度39度。
穂高行_c0048132_16213084.jpg

穂高と向き合う対岸の笠が岳
穂高行_c0048132_16215185.jpg
穂高行_c0048132_1622616.jpg
穂高行_c0048132_16222247.jpg
まさに千尋の谷

穂高行_c0048132_16224479.jpg
ロープウェイの終点、西穂高口。標高2156メートル。よく晴れていて、気温零下3度。
穂高行_c0048132_1623326.jpg
穂高行_c0048132_1623225.jpg

西穂高の雄姿。
穂高行_c0048132_16233876.jpg

 よく晴れ渡り、周囲の山々が一望できた。とにかくこのロープウェイの傾斜角度がすごい。最高38度というが、まっすぐ上るような気分。2000mを超えると、遠く白山まで雲海に浮かぶ姿が見え、近くに槍ガ岳のあの「槍」が孤独な姿を見せたのには感動。(中央、左側に三角の黒い岩肌がちらっと見える)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-02-09 08:29 | Comments(1)
Commented by もずく at 2012-02-10 09:41 x
はじめまして。玉木 宏さんのファンです。

ちょうど一週前に西穂高登山口まで行って、いろいろ検索していたら、こちらの1月13日の記事にたどり着いて、玉木さんが山に入ることを知りました。私が行った日もとても天気がよく、ロープウェイの窓の外はダイヤモンドダストがキラキラしていました。しかし、展望台で氷点下18度を経験し、冬の北アルプスの厳しさを知りました。

映画の撮影やテレビの企画で、俳優さんが山に入ることはあるけれど、厳冬期で、しかも悪天候のようだったので、ずいぶん心配しておりました。こちらで無事に下山されたことが確認できて安心しました。

山好きの人間から見ると、玉木さんはなぜか山がとても似合う俳優さんだと思います(2005年のNHKのドラマ「氷壁」のせいもありますが)。

番組がとても楽しみです。ありがとうございました。
<< ちぎれ雲 ファン倶楽部 穂高から帰って >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧