人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

仲間の受賞は嬉しい

仲間の受賞は嬉しい

ETV特集のチームが今年度の文化庁芸術祭賞の大賞に選ばれた。東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染の実態を調査報道した、NHKのETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」などがその受賞理由である。1本の番組だけでなく、シリーズ全体で福島原発の事故に取り組んだことが評価された。
とすれば、私も関わった大江健三郎さんと大石又七さんの対話のETV特集も評価されたと考えたい。

今年度の文化庁芸術祭賞には、7つの部門に268の作品や公演が参加して、審査が行われ、その結果、テレビ・ドキュメンタリー部門では、先の結果となったのだ。この受賞の立役者はまず「ネットワークでつくる放射能汚染地図」の大森チーフディレクター、次に全体を統括してきた増田プロデューサーであったといっても過言ではなかろう。二人とも、私の好きな人たちで、長年の仲間である。

特に大森Dとは広島時代いっしょだった。デスクという名前になっていたが、いい番組を作っていた。彼と組んで10本以上作品を私も作ったと思う。広島に夏が来て、凪の季節になると、私と西世デスクと大森の3人は、せっせと流川へ出かけて、酒を飲んだ。時には、浪曲師だった老婦人のカラオケバーに行って、その美声に聞きほれたものだ。

こんなことがあった。3人でしたたか飲んで、最後に馴染みの「銀河鉄道」に行くと、なんと部長が幼馴染を連れて「偉そうに」飲んでいた。ここは私たちペエペエのたまり場。幹部クラスが独自で来ることもないのに、友達を連れてふんぞりかえっていた。その友というのが、俳優の橋爪功さんだった。二人は大阪教育大付属中学の同級生だったとか。撮影で広島に来た橋爪さんが野原部長を訪ねて来て、意気投合して、流川で祝杯をあげていたという経緯らしい。部長はガラッパチだが気のいい人。我々の顔を見て、「おう、これがうちの若い衆」とかなんとか言って紹介したと思う。すると、西世が突然「うるせえ!ここはおれたちのショバだ。手前らなんかが来るところじゃない。帰れ」と怒鳴った。

なにが起きたか一瞬分からなかった。部長の顔は見る観る朱に染まった。「なにいいい。今なんと言った」部長がいきめばいきむほど、西世の罵詈雑言は過激になる。「○×部長のノータリン」「3文役者の▽▼」傍にいた私も大森もいっしょになってはやし立てる。最後はシュプレヒコールとなる。「帰れ、帰れ」部長はカンカン。店のママはおろおろしていた。外に連れ出せと言われて、私と大森が西世を引きずって外に出た。

出た途端、西世は素面にもどってこう言った。「あの橋爪という役者はいいよね。俺は大好きだ。だからからかってやったんだ」呆れた。人騒がせなことは定評があったが、ここまでやんちゃとは思わなかった。さらに大森の顔を見ると、嬉しそうにうなづいている。「面白かったなあ。部長も相当頭に来てたぞ」。大森もまったく反省の色なし。あちゃー、二人とも駄目だ。明日、会社へ行ったら、部長に何て言い訳するんだよ。3人のなかで、私が最年長だし、役職にもついている。当然、私の部下のしつけがなっとらんとかなんとか叱責されるんだろうなあ・・・。最悪の事態は・・・・。

ええい、もういいや。処分でも何でもやってみろ。気が大きくなって、また流川の居酒屋を求めて、3人は歩き出した。
ところで、次の日のことだが、朝のミーティングに顔出すと、部長は何もなかったかのように、本日の取材スケジュールの確認を始めるぞとて点呼をとっていた。私の名前を呼んでも、顔もみない。いつものようにてきぱきと業務の指示を出していた。やるなあ、野原部長。

 今から19年も前のことだ。ガキ大将みたいな顔をしていた大森も今ではドキュメンタリーのマイスターだ。見識、問題意識、取材力、構成力、コメントの味、どれも際立っている。あの「ネットワークでつくる放射能汚染地図」のラストシーンを覚えているか。無人となった集落に置き去りにされた飼い犬が、最後に取材班の車を追って走って来る場面。ここ数年のなかで、あれほど胸がつまる場面を見たことがない。放射能汚染という過酷な現実をかくもリリカルな描写で捉えた大森の「精神」に感服する。受賞、おめでとう。

――野原さんは、その後退職して、奥さんの実家がある福岡に引っ込んだと噂を聞いた。明るい人だったが、時折寂しそうな顔を見せた。若い頃に、最初の奥様を失っていたという理由を聞かされたのは、私が東京へ転勤して野原さんと離れてからだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-01-31 17:44 | Comments(1)
Commented at 2012-02-01 06:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 久しぶりの句集を手にして 前の時間、後の時間 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧