人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

前の時間、後の時間

前の時間、後の時間

日本の人口推計が昨日発表されて話題になっている。50年後には現在1億3千万の日本の人口が8700万まで減少するという。65歳以上の老人が3人に一人となるそうで、年金などの社会保障制度などが破たんしてしまうと、テレビや新聞が騒いでいる。その頃はもちろん生きているわけがない、子供たちの世代が老人になっている。つまり現在の若者たちの老後の問題である。たしかに彼らには差し迫ったことだが、親世代の私らにはどこかに関係ないという「無責任」がある。
4年以内に襲って来るという首都直下地震は他人事ではない。目の黒いうちに見ることになるかもしれない修羅場に恐怖する。その恐怖に原発の事故が加わればもはや生き延びることはできないと深い絶望にかられる。

先一昨日、トミさんの出版のお祝いを、老年4人が荒木町のしほ瀬で開いた。甲州に隠棲しているHさんが久しぶりに上京したという機会に合わせて、70代の仲間が集まったのだ。私だけ60半ば。現役は一人もおらず全員年金生活者になっている。
トミさんが著したのは『ぼくのNHK物語』という自伝的ノンフィクションだから、当然、座は昔話と知人の話となった。物故した偉大なドキュメンタリストから死にかけの先輩まで、景気の悪いことばかり。だが湿ったりもせず盛り上がるのは、各自もそろそろ泉下に入ることを覚悟しているからか。残された後の時間は少なくなったという自覚か。

昔なら2次会で新宿に出かけたものだが、極寒の土曜日ということもあって、午後7時過ぎにはお開きになった。私は足が少し不自由になっているHさんを送って青山の宿まで行った。そこで1時間ほど昔話となった。Hさんは当初ラジオドラマから出発し、家庭番組や情報番組を担当してきた、女性ディレクターの草分けのような存在。今でこそ、女性のディレクターや記者が海外取材することは珍しくないが、Hさんの時代に初めてリツコさんが出かけたときのことをあれこれ聞いた。Hさんのテレビの代表作は写真家濱谷浩のドキュメンタリー。美しい新潟の海岸のラストシーンは今も鮮明に覚えている。
これ以外の、Hさん自身が思い出になった番組は何かと聞いた。宇野千代を3夜にわたってインタビューした女性手帳、戦争未亡人清水鶴子を追ったドキュメントという答えだった。後者の清水鶴子さんは、ちょうど同じ時期に、私もラジオドキュメンタリーとして取材していた。その当時を思い出して、話が盛り上がった。

 最後に、Hさんが平松洋子のエッセーを愛読していると聞いて、我が意を得たりの想いがした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-01-31 08:47 | Comments(0)
<< 仲間の受賞は嬉しい 失われた言葉 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧