人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

今年の冬は寒いとか

連嶺の夢想よ

4年以内に関東北部で大きな地震が来ると、今朝のアサイチで報じていた。
ああ、あの惨たらしい光景が再び起こるのかと思うと憂鬱だ。滅入ってくる。この地球のなかで、日本はかなり不運な区画にある。西ヨーロッパなんてほとんど地震がない。日本は四百年とか数十年とかの周期大きな地殻変動が起きるのだ。そのたびに、人のくらしはずたずたにされる。それでも、この国の人たちは不平をこぼさず黙って立ち上がってきた。

二十世紀の終わり、世紀末はそれほど大きな変動はなかったと見ていたら、こんな20年近く遅れて、苦難の時代が来てしまった。日本人の一人ひとりは勤勉に真面目に働いているものの、貧しい政治のために、この国は少しずつ沈下してきた、まもなく取り返しのつかないポイントまで後退するだろう。「曾根崎心中」の一節が聞こえてくる。
〈いつまで生きても同じこと・・・〉

  一月の川一月の谷の中
飯田龍太の句だ。実に清潔な心境。このような境地に戻りたい。
 伊東静雄とて呟く。
  わが死せむ美しき日のために
   連嶺の夢想よ! 汝が白雪を
  消さずあれ
それにしても、「わがひとに與ふる哀歌」とは何と美しい題か。

戯れに、映画「なごり雪」を観た。大林監督の作品だから、そこそこの仕上がりだろうと見込みで2時間。
麒麟も老いて駄馬となる。いつのまにか、大林の感受性は摩滅していた。悲しからずや道を説く君。戯れに映画は観るな。

一方。「SONGS」で由紀さおりを聴いた。彼女のアルバム1969が欧米でヒットしているという時宜にあわせた企画だろう。「マシュケナダ」と「ブルーライト横浜」がよかった。歌謡曲に一生を賭けるという由紀の心意気に感心する。願わくば、「手紙」か「初恋の丘」を歌ってほしかった。気まぐれに歌を聴けば。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-01-26 15:26 | Comments(0)
<< 失われた言葉 説教を垂れた >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧