人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

世界的なアーチスト

世界的なアーチスト

昨年の夏、節電騒ぎのなかで上演した「曾根崎心中」を覚えているだろうか。
伝統芸能「文楽」の古典を、世界的なアーチスト杉本博司氏が演出して話題となった。近松門左衛門のオリジナルの筋をそのままに再現し、加えて写真芸術をも加味した。その凄絶な美しさは各界から賞賛された。その舞台を軸に、杉本ワールドをドキュメントしたのが、わが番組「この世の名残 夜も名残」で、ETV特集として10月に放送した。この作品がその10月のギャラクシー月間賞を受賞することにもなった。

その作品を、海外の大きなコンクールに出品することが決まった。日本的な美を求めて作られているとはいうものの、その蒼ざめた美しさは世界にも届くであろうと期待をこめて、海外コンクールにプレゼントされることになった。

本日、そのエントリーの報告で杉本さんと銀座のオフィスで会った。奇しくも杉本さんと私は同年。長くニューヨークで暮らしておられるが、話し込むと、やはり同じ時代を生きてきたという実感をもった。

次は何を企画していますかと質問すると、新作能「小田原」という返事がかえってきた。秀吉の小田原攻めを題材にとって、杉本さんが書き下ろすそうだ。粗筋を聞くと実に面白い物語。早く実現してほしいと本気で願う。
杉本アートの根底に「現物」という思想がある。古美術でも目利きとして知られる杉本さん。「曾根崎心中」の舞台でも本物の平安中期の仏像を持ち込むほどである。その蒐集の範囲はとてつもない。前の大戦の史実を実感するためにと、アメリカ軍が散布した降伏を勧奨するビラや終戦直後の鉄兜を改良した鍋などを入手もしたそうだ。そういう歴史の「現物」を手にして目にして、アートのコンセプトを練り上げていく。杉本ワールドの秘密の一つであろう。
 
今夕、杉本さんのドキュメンタリー映画が科学博物館でプレミアム上映される。その招待を受けたので5時過ぎから出かけようと考えている。杉本さんは明日の飛行機でニューヨークに戻る予定。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-01-17 16:30 | Comments(0)
<< 死者のつぶやき 愁時雨/愁殺 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧