人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

今年初めての雪

今年初めての雪

那須高原を一望してその壮大さに心を奪われた。これほど雄大な景色が関東平野の北辺にあるとは思いもよらなかった。東北へ出向くときに前方下手に山脈が連なるのを見ているはずだが、これほど気高い山並みとは思いもよらなかった。
主峰になるのだろうか、正面に茶臼岳が灰黒色の噴煙をうっすらと上げていた。

硫黄単純温泉につかって太陽を見ながら寒気を味わった。湯煙越しにうっすらと雪が散る。
白濁したお湯を手でなでながら、身内の奥のほうから浮かび上がるぬくもりをゆっくり味わった。

遅ればせながら、今柴門ふみの『あすなろ白書』を読んでいて、第1部の3巻まで来た。
予備校で出会った5人の男女の物語。主人公は陸上ばかりで高校時代を明け暮れて、ぎりぎりで一般入試で1・5流の私大に入学した園田なるみ。彼女が恋する掛井保。なるみに恋する取手。つまり3角関係。ここまでよくある話として、このあとの二人がユニーク。掛井を好きな松岡(♂)、同じく掛井を好きな星香(♀)。松岡は良家の御曹司でハンサムで性格もいい、だが何か満たされないまま、同性である掛井に惹かれている。星香は関西弁まるだしの東大にストレートで入学した秀才であるが、幼い頃男子からいじめに遭って、“男嫌い”のふりをするようになっている。その彼女が惹かれたのが掛井。松岡は掛井への愛を告白することなく交通事故に遭って急死。残された4人の絡まりほどけていく関係。

目黒図書館のコミックの棚に3冊並んでいたからレンタルして読み始めた。たしか、これはテレビドラマにもなって、家人が夢中で見ていたような気がするが、その頃最繁忙期を迎えていた私はまったく関心がなかったから、この物語との出会いは20年遅れになっている。このコミックスが発行されているのは1992年だ。

掛井に対する松岡の感情なんて20年前には少しも理解できなかっただろうが、昨今のテレビで登場するオネエマンたちを見ているようになったら、不自然とは思わなくなっている。おそらくこの物語受容は20年経っているからできたのだと思う。

さて、1部を読み終わって、このあとをどうするか。思案している。出来れば、図書館に続編があればいいのだが、残念ながら目黒にはない。
漫画喫茶でも行って続きを読むのが一番いいと思うが、あの独特の空気が支配する空間は苦手だ。じめっとした穴倉のような空気。尻込みしたくなるが、読みたいという欲望のほうが強い。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

今年初めての雪_c0048132_905093.jpg

by yamato-y | 2012-01-10 08:42 | Comments(0)
<< まもなく64 最後の坂で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧