人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

日の登る前

嗚呼

4日夜に訃報に接した。敬愛する先輩が長い闘病のはてに亡くなった。享年67、と思う。

仕事について、最初の赴任が大阪梅田であった。そのときの先輩で、大阪大学を出た秀才だった。背の高い、彫の深い面立ちのその人は明晰にして誠実かつ沈着の人物だった。 70年代、政治の季節は続いていたから、三里塚や動労のストなどで浮き足立っている私を側からいつも冷静に批判してくれた。だがけっして自分のイデオロギーを押し付けることはなく、それは本当だろうか、それでいいのだろうかと問いかけてくれる存在であった。私が生意気な口をきいてもけっして抑え付けたり説教を垂れることはなかった。

74年に二人そろって東京へ異動になった。私は荻窪の独身寮へ、その人は代々木の世帯寮に住むことになった。結婚して先輩には一人娘がいたが、夫人が大阪府の職員ということで単身の赴任となった。お互い独身の気楽な身分ということで、週末はよくつるんで遊んだ。といっても酒盛りをするかドライブをするかであったのだが。そのとき先輩から紹介されたのが森さんだった。高校時代の友人で都立大の空手部の主将だったという森さんはガタイのいい豪傑だった。関東選手権でチャンピオンにもなったことがある実力者。工務店に勤めていたと思うが、空手のほうが本職のような暮らしをしていた。3人で酒を飲んで、よく議論をした。天皇制をめぐって私と森さんがやりあうのを先輩は面白そうにいつも眺めていた。
高校まで川崎に住んでいた先輩は首都圏にも土地勘があり、週末には湘南や横浜によく愛車カローラを飛ばした。助手席に座った私にナビゲートという英語を教えた。先輩は阪大ESSの主将だったのだ。
夕方に西湘バイパスを走ったとき、大磯あたりの夕景が心に残った。後に大磯に終の住み処を求めたのもその体験があったのだと、今になって知る。

 赴任した東京でその後も私は住み続けるが、単身赴任の先輩は3年で大阪へ戻って行った。それからしばらくして大きな病にかかって長期の入院をしていると聞いた。あの頑健そうな人が病気とはどういうことかと不思議に思うが、一方で薬を常用していて腎臓に障害があると呟いていたことを思い出した。
先輩はそれ以降透析をしなければ生きていけない身体になった。4,5年に一度大きな入院を繰り返すようになる。幹部として嘱望された先輩だったが、窓際に座る境遇に変わった。ときどき大阪へ会いに行ったが、いつも穏やかで、私の作った番組をあれこれ褒めてくれるのであった。
 8年ほど前になるだろうか。京都の大学の帰りに大阪へ寄って、先輩の職場を訪ねた。
車椅子で私の前に現れたとき、胸が衝かれた。顔には深いしわが刻まれるだけでなく、苦悩で顔そのものに歪みがあるように見えた。出勤することすら辛いように思われた。
 その2年後、入院していると聞いて、江坂の病院を見舞ったことがある。車椅子で応対してくれたが、言葉はしっかりしていた。その後は手紙の交流となった。

昨年秋、先輩の具合がよくないという噂を聞いたので、京都のジローさんを誘ってお見舞いに行こうと計画した。ジローさんが先輩にその旨を伝えると、来ないでいただきたいという返事があった。それを聞かされて、すぐケータイのダイヤルを私は押した。先輩は「おう、久しぶりだね」と言って出てきた。「君が言いたいことは分かるが、今のぼくの気持ちはそういうことなんだよ」と、私の言葉を最初から封じた。「もう少しよくなったら、ぼくのほうから連絡をとるから」と言って電話は切れた。
 たしかに容態が悪いようだが、今すぐということでもあるまいと、私は自分に言い聞かせた。現に、今年も賀状が届いた。折り返し返事の賀状を投函した次の日に、訃音を聞く。

明け方、目が覚めた。日の登る前の暗がりのなかでじっと先輩のことを思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-01-05 08:16 | Comments(0)
<< また 時代遅れの開き直り >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧