人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

先輩二人

いまだ名をなさず

 湯豆腐に酔ひゐていまだ名をなさず
歳時記を眺めていたら、歳晩の句のなかに見つけた。
なさないほうが気楽でいいぞと、名もなき俳人に伝えたいようなそうでないような。
わが先輩は、先ごろ自伝を出版した。仲間内では文才のあることは知られていたが、能ある何とかのひそみにならってめったに表に出てくるようなことはなかった。奥ゆかしいがもったいない気もした。
だが、世の中には慧眼の士もいるもので、この人の才能を見抜いて、怠け者のお尻を叩いて今夏かけて執筆させた編集者がいた。バジリコ出版という。その名前を聞いたとき、なんだスパゲッティみたいな名前だななんてことを私は失言してしまった。言われたほうは内心面白くなかったようだ。その後も、会うたびにその話題から始まる。
会うたびにというのは、いきつけのゴールデン街とんぼのことだ。その人はとんぼの常連なのだ。通ううちに、わが先輩の才能に気づいて執筆をすすめた。『ぼくのNHK物語』というノンフィクション。面白い。少なくとも私の周りではベストセラー。NHK内書店では店頭に並べても数時間で売り切れて、4回も平積みにし直したと、店長が私に教えてくれた。

もう一人敬愛している先輩から電話が入った。先週日曜日に行われた句会に欠席したのでどうしたのかという。この年齢になると、欠席の理由もサボることより病気の心配をされるらしい。有り難いことではある。当人は前立腺がんを数年患っているのだが、声音はいたって元気だ。せっかく出会った句会だから大事にしろよと心のこもった励まし。
映画好きのその先輩にヘルツォーク監督のことを聞いたら、話がとまらなくなった。それから5分ほどドイツ映画の巨匠についての独演会となった。長い電話が苦手な私としては切りたいのだが、話のネタを振ったのは当方だからそういうわけにもいかない。ただ、独演の終わりのほうで話が混乱して、別ネタの話題と混同しはじめたのは、いささかぎょっとした。まさかと思うが、明晰な先輩にしては珍しい。この先輩はNHK屈指のロッカーだった。ロックのNHK特集を制作して、歴代2位の最低視聴率をたたき出すという偉業をなした。
そのロッカーが変身して、今では俳句の達人。猫好きで俳号も猫翁(ねこおう)と名乗っている。互いにガンを患っているので、会うと「具合はどう」と聞くことにしている。今回の電話でも様子を聞いたら、来年2月にでも群馬の秘湯にもう一人の癌患者といっしょに行こうという。どうやら、その人と猫翁さんは「つげよしはる」ごっこをやると決めていたらしい。その温泉場はガンの湯治が多い。といっても数人しか入れない鉱泉のようだが。
その同行する御仁もめでたく今秋喉頭がんとなり、手術を終えたばかりという。「おいでよ、3人の癌が並んで、温泉場で景気の悪い句会でもやろうよ。酒ありタバコありの何の禁忌もないフリー句会」猫翁さんの声にはりが出ている。
鉱泉に行ってみようかな。小暗い温泉場で、つららでも眺めながら景気の悪い俳句でもひねる風景。悪くはない。
だが2月第2週は穂高へ半登山することになっている。そのスケジュールと重ならなければいいのだが。
木枯らしにこころさすらふ湯呑かな
これも歳時記で見つけた句。やや通俗だが、なんとなくこんな心境になった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-12-24 03:46 | Comments(0)
<< 茫々となりゆく クリスマスイブイブ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧