人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

梢をわたる風のなか

外海の旅3


次の日、里山のふもとまで車で行った。そこから石段が100余りあったか。
私はキトばあさんを背負って登る。まるで姥捨ての姿だ。一歩一歩歩いた。背中のキトさんはすまながっていたが、気にしないでくださいと、声をかけながら上がる。山は広葉樹林の清しさに満ちていた。上方になるにつれ、石段は切石の上等のものでなくなる。途中2回ほど休憩をとった。
階段を登りきると、平らな林となり、そのなかに目指す枯松神社の奥の院が見えた。神社の敷地の入り口らしき木の根方に大きな石があり、中央に十字が刻んであった。

梢をわたる風のなか_c0048132_18291821.jpg

「このあたりには、いくつも”かくれ”のお墓があります」と、きとばあさんは周りを見渡して言った。
梢をわたる風のなか_c0048132_18293397.jpg

たしかに、長崎西坂のキリシタン資料館で見た、キリシタン墓とそっくりの切石を伏せたものがいくつも、整然と並んでいる。ここにあるものは西坂のそれよりも進化したもので、いわゆる墓を彷彿とさせるものは何もない。名前もなければ、むろん十字架もない。ただ、平石が伏せたという姿しか見せていない。その厳かな姿に、思わず手を合わせる。
梢をわたる風のなか_c0048132_18294853.jpg

林をぬけて、中央の簡素な草葺屋根の奥の院の前に立つ。ここに枯松さんの御神体を安置してあると説明していただいたと記憶するが、さだかでない。ここは、あくまでカムフラージュで奉行所の目を眩ますためのものであったと私は記憶しているが、どうであろう。一説によれば、殉教したサンジワン様をまつった場所であるともいう。枯松さんとはどういう意味であろう。不思議な名前だ。

今回訪問すると、大浦教会の信徒が見学に来ていて、戸が開いていた。正面に掛け軸がかかり、両脇に陶器の置物があったような気がする。その上手に、白地に赤の入った布地があった。どうやら太平洋戦争の出陣のときに奉納した武運長久の日の丸のようだ。
梢をわたる風のなか_c0048132_1830129.jpg

 25年前のときは、しばらくここに止まって、お墓や吉野さんのコメントを収録した。きとばあさんは静かに見守っていた。梢をわたる風がそうそうと吹いていた。
梢をわたる風のなか_c0048132_1830282.jpg
梢をわたる風のなか_c0048132_18304339.jpg

今回、山道を下っていくと、「祈りの岩」と表示があって、二つの大きな岩が並んでいた。
江戸時代、かくれの農民たちは、この大岩の陰に集まって、密かにオラショを唱えた聖なる場所である。遠い日の貧しい人々の小さな祈り――私の心を掴んで離さなかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-12-13 13:46 | Comments(1)
Commented at 2011-12-13 23:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ピンチ 幻のオラショ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧