人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

海から吹く風

外海の旅

海から吹く風_c0048132_17154062.jpg

海から吹く風_c0048132_17161825.jpg

まだ、昨日12月11日の体験が心から離れない。ボーっと夢想している。

朝10時に長崎市内を出発して、外海町に向かった。
長崎からいくつも山を越えて、角力灘と出会う海沿いに集落は険しい山にへばりつくように広がる。町には黒崎川、出津川、神浦川の3つの川が流れて河口部に小さな集落が点在する。これが25年前に訪問したときの外海のイメージであった。いかにも、弾圧を恐れて隠れ住むキリシタンの住処に相応しい辺鄙な地だと思った。
私が長崎を離れて25年、この間に長崎は市街地も郊外も風景を大きく変えていた。開発が進んだというべきか列島改造がここまで地形を変えるのかと呆れるべきか、言葉がない。
山を巻くようにうねうねと続いた外海までの2車線の道はほとんど放棄されて、山の中腹をずどんと突き抜けたトンネルがいくつも作られて、長崎市内から外海まで労せずして30分ほどで到着できる。文明の恩恵に感謝するというより、風景の無残さにため息が出た。だが、その便利のおかげで「辺地」外海に日帰り旅が出来るようになっている。

小さな町だが、教会が3つもある。
 まず一番大きな黒崎教会に向かった。ちょうどクリスマスの準備の時期の日曜日。おおぜいの信者たちが祭壇脇に大きなクリスマスツリーを立てていた。外は石造りだが、内部はいかにも日本的な木造の内陣となっている。200人は収容できるほどの広さだ。素朴な田舎の教会という佇まいが嬉しい。ドアは開け放してあるが寒くない。どうやら、力仕事に精出す信者たちの熱気がこもっているようだ。
海から吹く風_c0048132_1716281.jpg
残念ながら若い人はいない。私と同世代かやや年少かと思われる壮年たちが、可愛いツリーを築いていた。
海から吹く風_c0048132_17372552.jpg
次に向かったのは出津の教会。黒崎から崖ふちの道路を車で15分ほど行くと、集落の真ん中に白い教会がある。ここでは日曜日の礼拝は終わっていて誰もいなかった。黒崎教会の半分ほどの規模のこじんまりした教会だ。内部に入って、祭壇に一礼して、すぐあとにした。
海から吹く風_c0048132_17504573.jpg
そして、一番出会いたかった大野教会へ行った。山のなかのかなり深い場所に建っている。20年前は教会に詣でるだけでも苦労した場所。今では、すぐ傍まで車で行くことができる。未舗装の道路のところから車を捨てて、山道を上がっていった。
石造りの大野教会が林のなかにある。ド・ロ神父が指導して築いたという石壁のしっくいが時を経てねずみ色になっている。風雨に耐えた証だ。
無住の教会なので、施錠されていて中には入れなかった。
(つづく)
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-12-12 17:16 | Comments(0)
<< 幻のオラショ NANGASAKI >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧