人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ある企画

藤の花びらが散っていた
ある企画_c0048132_8435284.jpg

 高き花はよし

昨年の今頃、山道を下ったとき、道の辺に薄紫の花びらが散り敷いていた。
回りを見てもそれらしい花は見当たらない。ふと、傍らの木の高い梢を見上げた。
想定外の高い位置に、藤の花ぶさがあった。
高い木に咲く花はなかなか気づかないものだ。
万緑の中に紫の花が美しく咲いていた。花の色が目にしみた。  

三好達治の詩がある。
 青葉がくれのたかどのに かぜの揺籃(ゆりご)の夢はなに
 桐の花はた合歓(ねむ)の花 木ぬれにたかき花はよし


だいたいの意味はこういうことではないだろうか。
「春が深くなった日のこと。梢の先まで木々は葉をいっぱい茂らせている。
ふっと上を仰ぐと高い樹の枝先に花がさいて風にそよいでいた。
それまで、下ばかり見ていたので知らなかった、
こんな高い樹の梢に、こんな可憐な花が咲いているとは。
桐の花だろうか、合歓の花だろうか。
知らなかった、高い樹の花がこんなに美しいとは。」

ドラマのヒントになるかなと思って、この詩のことを、私は去年ユン・ソクホ監督に伝えた。
日韓共同で作るドラマの素材を探していたのだ。
そして、二人で酒を飲みながら、以下のようなシノプシスを話し合ったことを思い出す。
ある企画_c0048132_8444588.jpg

〈ヒロインの側にいて、ずっと彼女のことを愛してはいるが、ヒロインが気づかない男の
話。その男性は、ヒロインのためにいろいろ手助けをしたりアドバイスをしたりするが、
ヒロインはその愛に気づかない。頼りになるいい友人としか見ていない。
そのうえ、ヒロインは他の男性が好きになり遠くへ行くことになっても、男性は笑って見送る。やがて、ヒロインはとてつもない苦難に遭遇する。男は陰でヒロインのために働く。
ヒロインはそのことを知らない。男はずっと待ちつづける。
 そして、人生の長い苦難の旅を終えて、ヒロインがもどったとき、彼女はその男性がいたこと、その愛に気づくのである。
ちょうど。高い梢にきれいな花を見つけたように。〉
よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング


 
by yamato-y | 2005-05-08 08:45 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 夜汽車の小さな旅 ドーバーの白い壁② >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧