人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

日帰り関西

日帰り関西

 昨日はずいぶん動いた。
朝8時に目黒を出て新幹線で京都へ。12時から始まる京大の研究会に出席。なにせ、私の報告を最初にやらせていただくので、遅刻するわけにはいかない。師走で先生がたもお忙しいようで出席は少なかったが、コアメンバーがそろっていたから実りの多い会となった。
 私の担当はテレビドキュメンタリーの戦後50年の歩みだが、10月に発表したものがうまく描けていないので、すこし路線を変えて報告をまとめてみたのだ。その過程の発表となった。およそ20分説明したあと、質疑応答となった。厳しい意見もあったが、おおむね励ましのご意見をいただいて勇気づけられた。午後1時、約束の時間となって、私は辞去した。研究会はもちろん夕方まで続くのだが、私に所用があった。

 百万遍のバス停から京都駅行きに乗る。雨もよいの京都の街は風情があった。行き交う人もどことなく慌ただしいのは師走のせいか。四条河原町でバスを降りて、阪急電車に乗って梅田に向かった。
 淀川を越えて、梅田のビル群が見えると懐かしさがこみあげる。大学を卒業した9月に、この梅田で仕事を覚えることになった。ちょうど大阪万国博の年で街には活気があった。それから3年、梅田の地下街は知り尽くした。人生のなかで一番苦しい体験をした時代だった。それだけにこの街への想いはつよい。
到着した阪急梅田界隈は至るところで工事中だった。改装中の阪急デパートの地下街を抜けて西梅田へ。肥後町にあるカルチャーセンターへ入ったのが午後3時。講師控え室で、本日話す内容を小一時間検討した。
 午後4時。21名のリスナーを前に、「冬のソナタは永遠に」という演題で話をはじめた。
1名の男子を除いてすべて女性。中高年の女性ばかりで、見た限り10代20代はいなかった。当然といえば当然だ。2004年に流行したドラマのことを、少なくとも10代が関心をもつはずがない。
逆に、当時はまった人たちは5年以上たっても忘れられず、この演題にひかれてやってきたと思われた。
実は、先週ずっとこの講演の内容を考えていた。古い話ばかりでは申し訳ないから、最近の韓流のトピックもいれようと、社内の国際センターにも取材をかけていた。国際センターというのは海外の番組ソフトを取り扱う部署で、ここの部長が一番先に「冬のソナタ」を発見している。
現在も韓国ドラマは好調で、「イサン」や「トンイ」といった時代劇が番組、DVDともに好調であるというような話は聞き込んでおいた。そういう題材を使って話そうと考えていたのだが、会場に入って、リスナーの顔を見たら、どうでもよくなって、結局、「冬のソナタ」特番を作っていた頃の思い出話が中心となった。
 講演は午後4時から5時半までの予定であったが、あまりに熱心なソナチアンについ話が伸びた。終わったのは6時近くになっていた。

 当初は、このまま大阪で宿をとるつもりであったが、今からでも帰ることが出来ると心変わりした。
とりあえず、せっかく来た大阪だから「市力」でも寄って大阪寿司を食べて帰ることにして、曾根崎天神のほうへ向かう。
曾根崎小学校裏にあった市力はなくなっていた。ショック。

 仕方がないので、近所の「亀寿司」に入ったが、これが失敗。早々に店を出て新大阪へ。
7時半の新幹線に乗った。車内でハイボールを飲んだせいか、うつらうつらとなり、品川まで退屈することもなく時を過ごした。
家に戻ったのが10時。家人も誰もいないのを幸い、カウチにもたれてヒッチコックの「39夜」を見た。床についたのは、深夜1時。長い一日だった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-12-04 11:31 | Comments(0)
<< ぽんぽん大将 バースデイ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧