人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

小松左京を宇宙へ送り出す会

小松左京を宇宙へ送り出す会

 29日午後1時半から、ホテルニューオータニの鳳凰の間で、小松左京を宇宙へ送り出す会が盛大に行われた。大広間に参集したのは500人を下るまい。交友のあった編集者や作家たちだから年配の顔が大半であったが、若いSFファンもちらほらいた。会場には小松さんをしのぶ写真や著作が展示してある。中学時代の写真にはラグビーで神戸大会で優勝していた姿があった。京大文学部に進学して、あの高橋和己らと同人誌をやっていた頃の写真もある。

冒頭のあいさつは、漫画家の松本零士さん。続いて、臨終に立ち会った民族学者の石毛直道さんが、小松さんらしい死であったことを報告。感銘深いお話だった。そのあと、スクリーンに旧友の桂米朝師匠が登場。「もうすぐ行くから、そんなに待たすことになるまい」と暖かい弔辞を述べていた。全体に偲ぶ会独特の湿っぽさがまったくない、いい会だった。

 この会でお会いしたい人がいたのだが会場が広すぎて分からない。そこへ石川喬司さん。日本SF作家クラブの第1世代で、小松さんの盟友だが、まったく年齢を感じさせない。いつもの温順な姿に安堵した。星新一、小松左京が逝った今、日本SFの黎明期を語るのは石川さんと筒井康隆さんしかいないだろう。前から、先生の回顧録を記録したいと願っている。

松任谷由美さんの姿もあった。この席上にはどうして参加しているのですかと質問すると、昔映画の主題歌を担当したことがあってという返事。SFはお好きですかと振ると、「ええ、好きです」と楽しそうに答えた。誰も、彼女の存在に気づいていないようだ。単独の取材でユーミンの謦咳に接することが出来たのは幸運だった。

 小松さんを宇宙に送り出すイベントが、スクリーンのうえで始まった。映像で小松さんの魂を乗せたロケットが宇宙空間へ飛び出していく。いろいろな映像がコラージュされているのだが、冒頭の晩年の小松さんの映像はどこかで見たことがある。それもそのはず、私の作った「21世紀を夢見た日々~SF作家クラブ50年」のなかから引用と、テロップが出た。私にとっても思い出深い番組。結局、小松さんのテレビの取材はあの番組が最後となったことになる。車椅子暮らしになっていたが、明晰なSF文化論を展開した。往年のデブっちょがしぼんで哲学者のような風貌になっていた。親友の高橋和巳と並んでも遜色ないシリアスな面差しだったことが忘れられない。この番組は、ポップカルチャーを論じたETV特集の名作だと自画自賛。

 3時過ぎ、賑わう会場を後にした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-11-29 17:17 | Comments(0)
<< バースデイ 寒いといっても、この程度ぐらい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧