人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

今夜、勉強会

今夜、勉強会

中堅の社員たちに今夜話をする。
この時期、来年度の企画が募集されている。来年の自分の仕事を確保する時期だ。
自分で立てた企画で勝負できれば冥利に尽きるが、それができなければあてがい扶持のつまらないネタで1年暮らすことになる。ディレクターというのも表現者のひとつだ。実存をかけて表現を生み出すことがなければ、こんなハードな仕事をやるのは採算があわない。まして、他人が立てた企画を作ることはできるかぎり避けたい。うちの社員たちも結構まなじりを決して企画つくりに追われている。
そんななかで、勉強会を仕掛けたのはワケがある。
最近、彼らが作った番組が心に沁みない。見終わったあとの余情などを感じる作品がない。どこにでもあるような誰でも作れるような凡庸な作品が多いということが気になって、そのことに警鐘を鳴らしたいと思って、勉強会を呼びかけた。

テレビの番組は華やかな話題になるものを作ることが第1と思われているようだが、現場ではそうではない。深い取材、堅牢な構成、正確にして滋味のある表現、これらが結集して出来上がる全体性。なにより、言いたいこと伝えたいことがくっきりと浮かび上がっていること。つまり作者のメッセージがあいまいでない。こういう番組が仕上がったとき、制作者は誇らしく思う。さらに他者によって評価を得たとき、自分本位の作品でなく世に広がっていく作品になりうる。

上述のような「作品」が中堅社員たちのなかから最近あまり生まれてこないのはなぜか。と問いかけてみようと、今夜の勉強会を思い立った。

そこへひとつの情報が舞い込んだ。知人からのテレビ取材を受けた体験記である。最近、ある出来事で知人は若いディレクターの取材を受けた。そのときの対応、態度、マナーのひどさにすっかりまいったという顛末が書かれてあった。まるで戦前の羽織ゴロだ。手紙を読んでいるうちにムカムカした。よほど、この当人を呼びつけて叱りとばしてやろうかと思ったがとどまった。このケースは極端だが、これに近いことを私の年少の仲間たちもやってはいないだろうか。そのことを今夜問いかけたい。実は、番組作りに肝要なことは高いモラルが求められるということ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-11-22 13:10 | Comments(0)
<< バタバタと 徳兵衛の悲哀 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧