人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

徳兵衛の悲哀

徳兵衛の悲哀


先日放送した杉本文楽「曾根崎心中」の作り直しを現在行っている。週末はその番組の試写で追われた。土曜日は3回、日曜日は2回、計5回繰り返して、昨夜7時ごろあがった。
前に発表したのはETV特集の枠で、杉本博司という現代美術家が人形浄瑠璃文楽に挑むという90分ドキュメンタリーの体裁をとった。とても評判が良かったので、文楽そのものをもっと外国人向けに紹介できないかという声があがってきて国際放送で、この杉本文楽を見せることになったのだ。放送は12月30日で50分の特集となる。番組の5分の4は文楽の舞台。残りの5分の1で杉本博司のことや文楽の仕組みなどを説明する。つまり10分ほどでこの話題の舞台を紹介するという荒業が求められている。担当の若いディレクターと2日にわたってその直し作業にあたったというわけだ。

「曾根崎心中」の全編を見た。プロローグの「観音廻り」だけは江戸時代の大阪の素養がないとなかなかついていけないが、本編そのものはとてもよくできたメロドラマであることに感じ入った。醤油屋の手代徳兵衛が友人の九平次に金を用立ててやったが、九平次はそんな事実はないと開き直り、おまけに徳兵衛を仲間と寄ってたかって制裁する。この不条理な発端が物語の駆動力になって、最後の心中まで疾走していく。その手際のうまいこと。とても300年前の出来事、芝居とは思えない。

この芝居を見て、当時の大阪っこたちは涙を流し、心中という最終行為に憧れ真似たという。おそらく封建の世を生きていくうえで遭遇する「辛さ」はけっして稀なことではなく、みな身につまされたのだろう。
「生玉の段」「天満屋の段」と芝居が進行していくにつれ、人形はまるで人格をもっているかのように見えてくる。これを操る吉田蓑助、桐竹勘十郎の姿がだんだん消えていくのだ。恐るべき芸の力。
たしかに普段の文楽の書き割りの華やかなスタティックな舞台と違って、神奈川芸術劇場の奥行きのある“暗い”舞台によって人形の凄味が一段と冴える。
この美しさを杉本は表したかったのだ。天満屋を脱走して、心中を果たす曾根崎の森をめざす徳兵衛とお初。その蒼ざめた美しさ・・・。本来、この芝居の主人公は遊女お初だろうが、私には蓑助の演じる徳兵衛の葛藤がひときわ光ってみえた。

さて、残念なことに、今制作している番組は日本国内では見ることができない。海外の日本施設や公館、ホテルなどでしか流れない。しかも英語訳の番組となる。外国の人たちはこの芝居をどんなふうに見てくれるだろうか。ちょっと楽しみだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-11-21 08:34 | Comments(0)
<< 今夜、勉強会 人生の縁飾り >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧