人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬の眩い光

冬の眩い光

裏のケヤキの裸木にやって来る冬鳥の声におどろいて目が覚めた。すると、ベッドの周りに黄金の光が満ちていた。朝の眩(まばゆ)い光が差し込んでいる。溢れるような光の粒。
これと同じ光を見たことがある。
もう8年か10年も前の冬であったろうか。イタリア、アッシジの修道院の裏庭で出会ったのだ。あのときの時刻は今朝よりもっと早く6時過ぎだったか。紫いろの明け方の闇が、いっぺんに開けたかと思うと、光の粒でそこここであふれかえっていた。
光というのは、暑いときより寒いときのほうが大きくなるのだと、そのとき知った。

昨夜は遅くまで映画「ファイター」を見ていた。オスカーか何か大きな賞を獲ったと評判の映画だったから参考にとみることにした。拳闘の選手の物語と聞いて、おおよそ物語が予想できたが、ほぼそのとおりだったから、興趣は深くない。手堅い芝居ではあるが、これが受賞対象になるほどの作品かなというのが正直な感想だ。
1時過ぎまで見ていたから今朝は眠い。瞑想を20分するのがなかなか貫徹せず往生した。

今朝は10時までに出社することになっている。美術番組のプロデューサーと朝いちばんの打ち合わせが入っているのだ。午後は3時に東銀座で映画関係者と打ち合わせと、少し忙しい日となる。夕方には、現在制作中の海外放送用の「曾根崎心中」50分版のチェックとなる。いざ、出陣。

9時過ぎ、渋谷駅前。おおぜいの出勤する人たちがいる。センター街をぬけて東急ハンズの脇から放送センター西口に出る。並木の銀杏はまだ青い。なかに美しい黄色もある。与謝野晶子の木の葉の短歌を思うが、なかなか言葉が出てこない。小鳥のような落ち葉が丘に降るという歌だった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-11-17 07:47 | Comments(1)
Commented at 2011-11-17 10:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 幽明境を異にする 新しい才能 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧