人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

新しい才能

新しい才能

10月に発行されたばかりの平松洋子『野蛮な読書』を読んで驚いた。
うまいのだ。巻頭の「能登とハンバーガーと風呂上り」にまずまいった。北陸の雪模様の把握からこの人の読書観までが音楽的に美しくつながっている。言葉づかいがいい。奇異をてらった難しい表現はないが、ありきたりなものではない。「本は本を連れてくる」「海を泳ぐようにして読む」そして、次のような文章を紡ぎだす。
≪読むことの不思議、奇妙な感覚につかまった。からだのなかに物語が構築されながら、一方自分の記憶がじいじいと小さな音を立てて蠕動をはじめ、しだいに言葉と呼応し、反応を高めてふくらんでゆく≫ うまいものだ。

本書は文芸誌「すばる」に連載されたエッセーで、古今のさまざまな作家の作品を取り上げているが、その選出の趣味がいい。私好みのものばかり。沢村貞子、山田風太郎、池部良、佐野洋子、室生犀星、三浦哲郎、正岡子規、田宮虎彦などなど。藤沢周平や江戸川乱歩などもちらりと取り上げている。
平松の読書論だが、そんな固いものでなく、高尚な読書感想文といったおもむきだ。だが内容は深い。沢村貞子の人間像のとらまえ方などは一筋縄ではない。

私はまったく知らなかったが、実は相当経歴を積んだエッセイストであったらしい。経歴をのぞくと、1958年生まれで、16回ドゥマゴ賞を受賞している。「平松洋子の台所」「買えない味」「おとなの味」「夜中にジャムを煮る」「焼き餃子と名画座わたしの東京味歩き」と一見グルメ本のような作品が多い。食いしん坊のわりに食い物の本が好きでない私には目のつかない棚に並ぶ本だ。道理でこの名前になじみがなかったのだ。

大げさに言えば、近年でいえば須賀敦子や藤沢周平を発見したときのような味わいを感じている。先日読んだ『再会と別離』の石井睦美といい、今女性のいい書き手が次々に現れている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-11-16 07:35 | Comments(0)
<< 冬の眩い光 先生の思い出 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧