人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

先生の思い出

先生の思い出

少し冷え込んだのか、大磯の家が寒いのか。
静かな朝に心が鎮もる。
枕元にあった句集「白薔薇」を手にした。長崎時代に師事した中西啓先生の追善句集だ。先生は医学史の大家で、岩波新書「長崎のオランダ医」を著している。大正14年生まれだから、母より1年上であったことになる。本職は内科医であった。
国立療養所に勤務していたが、長崎の歴史研究の第一人者であった。特に、長崎が生んだ俳諧の巨匠、向井去来研究では大きな仕事をしておられた。
膨大な書を所有していたが、すべて57年に発生した長崎大水害で流され水に浸かった。その落胆の時代に、私は先生と会った。
先生は私をよく可愛がってくださった。古文書を読んでいて、面白い史実に出会うと、番組のネタにふさわしいかもしれないと思って、深夜でもかまわず呼び出しの電話をかけてきた。夜中にタクシーを飛ばして御宅に向かったことは一再ではない。
先生のお宅は長崎の中心部、中島川のほとり古川町にあった。戦前からの古い屋敷にはいつも深夜遅くまで明かりがともっていた。あの木戸を開けて玄関までの小道が懐かしい。

その先生は自分でも俳句をひねり、句誌「太白」を主宰していた。俳号は萩置である。
そこに掲載されたなかから200首選んで編まれたのが、句集「白薔薇」だった。
白薔薇娘に耶蘇教を許しけり
中西先生の代表句だと記されてある。タイトルはここから取られている。
冬の句のなかに、私の好きな句をみつけた。
小春日に誘はれし旅かさねけり
長崎の町を愛した先生はよく歩いていた。町角で出くわすこともたびたびだった。南国長崎も冬は寒い。沿道の南京はぜがすっかり葉を落とした今頃は空も灰色となった。昭和57年から61年までの4年間、私のバブルがそこにある。もう戻れない。

萩置きていっさいの過去捨てにけり

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-11-15 08:30 | Comments(0)
<< 新しい才能 大きな流れ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧