人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

川のある町で

川のある町で

広島に来た。中国新聞のNさんに原爆報道のあれこれについて話を聞きたいと思って昨日新聞社を訪ねた。本川のほとりにある新聞社は夜遅くまで灯りがついている。整理部の記者たちが退社するのは深夜1時半過ぎだという。わたしの仕事も不規則だったが、ブンヤさんたちの商売はそれ以上だと感心する。
 帰りに平和公園のそばを通った。原爆の母子像がライトアップされていて、そのまばゆい姿に感動した。昼間のなかでは味わえない形に胸を締め付けられるものを感じた。

そして今朝のことだ。ビジネスホテルを出てコーヒーショップまで荷物を引っ張って歩いていた。昨夜の酒がまだ残っていてふらふらしていた。角から若い父と二人の子供が出てきた。1年生ぐらいの男の子と年少組らしい女の子が手をつないで、お父さんの後を追っている。兄らしい振る舞いをする男の子は腕白そうな顔をしている。信号の所で女の子の手をしっかりつかんでいる。
 その後ろから赤ちゃんを抱いた若い(本当に若い)母親が、二人を追ってきた。父親は振り返らずずんずん先を行く。母は腕の中の赤子を大事そうに抱えながら、二人の子供にも気を配っている。その5人が縦になって横断歩道を渡っていく。
思わず泣きそうになった。
若い母親に「よく頑張っているね」と声をかけたかった。普通ならまだ独身を楽しんでもいいかもしれない年齢で、3人の母を“演じて”いるその母に。

今から考えると、その一家はこれから結婚式かなにかお祝い事に出席する途中だったのかもしれない。男の子は蝶ネクタイをつけていたし、父も母も式服を着ていた。
けっして裕福には見えなかったが、子供たちにきちんとした身なりを与えていることに、私は心が撃たれた。父も頑張っているかもしれないが、その若い母が全身で家族を守っているというエネルギーを感じたのだ。

あ、そうか。その赤ちゃんの「お宮参り」だったのか。赤ちゃんは上等の白い布に大事そうにくるまれていたことを、今思い出した。親子5人で神社へ出かけていくところだったのだろう。
今朝のその光景を思い浮かべると瞼が熱くなってくる。なぜ、こんなことに涙もろくなっているのか自分でもよく分からない。

そのあと、広島駅まで電車で行った。太田川の支流を渡った。秋の日を吸い込んだ川面は銀色に輝いていた。懐かしい町、広島。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-11-09 18:39 | Comments(0)
<< ゆっくりいこう 季節外れの暑さのなか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧