人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

埋蔵放射線

埋蔵放射線

世田谷の放射線騒動はいろいろなことを考えさせる。人工放射線の存在は戦後60余年存在したにもかかわらず不可視になっていたということだ。キュリー夫人が青い光のラジウムを発見したのが明治時代末の頃だったのだから、日本でも戦前にはあったはず。当初、その人体への影響が把握しえてないから今から見ればかなり杜撰な扱いがあったと思われる。夜光塗料として用いられたときは時計の文字盤が商品だった。それを筆で描いたのだが、職人は筆を舐め舐め描いたといわれている。体内にとりこまれて内部被爆となったと思われるが、そういう事実も噂しか残っていない。
X線を取り扱うレントゲン技師とてかなり乱暴な現場にあったと思われる。放射線科の医者にしてもそうだ。有名な永井隆も長崎大学医学部の医者として医療用放射線で被爆しての戦後の闘病だった。

フクシマの出来事で大量の線量計が民間に出回って、思わぬところに放射線が存在することが判明したのだろう。世田谷は40年前は東京の郊外で、軍事用の得体のしれない研究所がいくつもあったと聞く。登戸には陸軍研究所があったし、目黒川のほとりには海軍研究所があった。その周辺には看板を挙げないが密かに分室のような民家もあったのではないか。ここで何が行われていたかは未だに分からない部分がある。怪人20面相の世界だ。

さらに高度成長のときに東京の風景はがらりと変わる。土地の区画整理、道路拡張などで至る所で掘り起しが行われ、そのときに都合の悪いものは不法投棄された可能性は高い。環状7号線や8号線の地下には何が埋まっているのか分かったものじゃない。その戦前の亡霊のようなものが浮かび上がって今来ているのではないだろうか。

インドのケララ州という場所は自然放射線が異常に高いと聞く。だからそこに代々住んでいる住民は放射線に強い人体に進化していったという話を長崎で原爆の取材をしているときに聞いたことを思い出した。
日本人の、東京の、ある地域に住む人たちも戦後長い間埋蔵された放射線によって、免疫が高くなったということはないのかしらむ。まるで「ウルトラQ」のSFの世界だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-11-01 06:52 | Comments(0)
<< 人生の午後、「ちぎれ雲」その後 酔っぱらって >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧