人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

秋の草花

秋の草花

ツヴァイクの道はどことなく湿っていた。昨日も雨はなかったのに、枯草も道に落ちたどんぐりも壮烈な蝉の遺骸も湿気を帯びている気がした。今年の秋は爽やかさがほとんどない。それでも森には秋の終わりを告げる兆候(しるし)がある。たくさんの木の実や草花の種が散らばっている。ススキの穂が銀色に光っている。つゆ草の青い花が可憐だ。

昨夜は杉本文楽が無事に放送された。家のテレビでリアルタイムで、自分の番組を見返すということは大切だ。作っているときには気が付かない視点がぽつぽつと湧いてくる。昨日の例でいえば、曽根崎心中の舞台となった大阪の商家や廓にまつわる情報を、鶴澤清治さんとからめて描く場面をこさえておけばよかったと思う。清治さんは大阪ミナミの出身で古い大阪の匂いをもった人だ。観音廻りの寺尽くしなどは、清治さんだからこそ作曲が可となったはず。その人に島之内の気質などを紹介してもらえれば、もっと視聴者には「曾根崎心中」の背景が理解できたのに。と朝の電車のなかで悔やんでいる。
 さて、視聴者の反響、反応はどうであったのかしら。これから出局して、編成部でレーティング表でももらって来よう。むろん、教育テレビだから大きな数字は期待していないが、ETV特集枠の平均以上はとっていてほしい。それ次第で、もう一本番組を作るかどうかが決まる。

 昨夜の番組は、演出をした杉本博司氏を軸に新しい文楽の誕生の姿をドキュメンタリーとして描いた。その文楽とは、近松門左衛門オリジナル「曾根崎心中・付り観音廻り」。およそ2時間半の演目である。この舞台を、わが取材チームは3日にわたって収録した。経済的にもきわめて厳しい状態のなか、スタッフは頑張って撮影、録音してくれた。素晴らしい舞台であったが、ドキュメンタリーのなかでは一部しか紹介していない。全体を見せたいが、そういう舞台中継の番組は今減っているため、映像は未だスリープ状態だ。
あるセクションから、昨日放送されたドキュメンタリーを見て、視聴者の反応がよかったら放送計画を立てようという声がかかった。願ってもないチャンスが来た。
これを実現するうえでも、放送結果が気になるのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング




秋の草花_c0048132_14573493.jpg

by yamato-y | 2011-10-17 10:42 | Comments(1)
Commented at 2011-10-17 23:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 痛烈な批判もまた宝 日曜日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧