人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

窓打つ嵐に夢も破れ

窓打つ嵐に夢も破れ

午前3時。風の音に目が覚めた。
窓を開けると、風が轟々と鳴っていた。前の立木もひどく揺れている。ときおり、木がきしむ。風の又三郎を思い出す。
「すっぱいリンゴも吹き飛ばせ、あまい花梨も吹っ飛ばせ」という囃し言葉だったと思うが、大映映画で見た光景がこの文句とともに「再現」されてくる。
嵐にもかかわらず、何か落ち着いた気分がある。幼い頃の秋の深まりを感じ取った日々と似ていたからだ。

井伏鱒二と開高健の対話を思った。トミさんが作った名作ドキュメンタリー「荻窪風土記」の1場面だ。荻窪の井伏の馴染みの割烹で、井伏と開高が酒を酌み交わしている。開高が井伏に唐突に質問する。「小説が書けなくなったらどうするのですか」井伏は黙って聞いている。「最近、書こうと思っても書けないのですよ」開高は胸の苦しみを、カメラの前にもかかわらず訴える。
井伏がぼそっと呟く「何でもいいから書くのだよ」
「イロハニホヘト、でもですか」と問う開高。
「そうだよ。いろはにほへとでも」

忘れられないシーンだ。この番組を見たとき30代だった。まだ、この対話の深さを理解しているとはいえない。開高健が、作家としての矜持をかなぐり捨ててよくカメラ前で真情を吐露したものだと感心するぐらいであった。

最近、書けない開高の思いに思いを致す。書きたくとも書けない。書くという行為がどれほど野蛮なものかと思うと筆が進まない。この開高の苦悩とともに、井伏の答えにも胸がつかれる。いろはにほへとでもいいから書くのだよという助言。

風の音を聞きながら、なぜこんなことを思っているのだろう。もっと他に考えなくてはならないものがもっとあるだろうに。来年度の企画とか科研の論文とか。
なのに、ある番組の1場面を思い起こす。そのまま眠れずに瞼を閉じて、ベッドに横たわっている。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-10-15 11:51 | Comments(0)
<< 日曜日 どうも幸せな人生だったらしい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧