人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

どうも幸せな人生だったらしい

どうも幸せな人生だったらしい

同じ北陸の出身で同期の鉄山氏が、放送直前で大童(おおわらわ)の私のところへやって来て茶化そうとする。1ヶ月かけて作り上げたデジタルテープに最終の情報を書き込むという画龍点睛の大事な場面。そこへノーテンキな顔つきで、ドラゴンズの追い込みはたいしたものだとはしゃぐのだ。最初の赴任地が名古屋だったから、中日びいきの鉄山氏。出来ればヤクルトに優勝させたいと思う私には面白くない。思わず「うるさい!」。と一喝してもまったく意に介さない。ぼやきが馬の小便(だらだら続き垂れ流し)。面白いのでつい聞き耳を立ててしまう。

福井の実家に老いた父と母を置いたままにしているが、もうすぐ雪の季節がやって来ると思うと鉄山氏は憂鬱になる。なにせ、94歳の父は未だに車を運転しているから、夜間に電話が鳴ったりするとギクッとするよと、さも怖そうに語る。雪道は若い者でもスリップする。ましてや年をとっていれば、スリップに加えて誤運転も起こりうる。
94歳でまだ免許を更新するという御老父の心意気は尊敬に値するものの、はた迷惑な御仁だなと、つい私も同情する。鉄山氏は藤島高校出身、一浪して慶応。そして、私と同じ昭和45年春に放送局に入社した。団塊の真ん中生まれ。ずっと自然番組を撮ってきた。趣味は美術で、絵はめっぽう強い。専門の自然番組以外なら、朝鮮白磁をやってみたいと殊勝なことを言う。現在、糖尿病予備軍。入社した頃に比べると太って3倍になった。節酒に努め、食事も減らしているという。が、宵っ張りで明け方まで起きているから、3時ごろにラーメンを食する習慣があるというではないか。
バカじゃないの。夜更けのラーメンこそ、糖尿への一直線じゃない。おまけにタバコもまだすっている。かつては、近藤正臣のような美青年も今では太鼓腹で、血糖値を気にするオヤジに成り果てている。

大阪万博の年に入社して半年間、会社の研修施設に合宿した時のことだ。その頃鉄山氏は燃えるような恋をしていた。駆け落ちなんて言葉を口にもした。同期はみな心配もした。その恋をみなで後押しした。口角泡を飛ばして恋愛論を語り合った。それから幾春秋。
死ぬの生きるのといって一緒になったヒトも、今では孫の世話に明け暮れて、体のあちこちに痛みを感じる老女になった。と言って嘆いてみせる鉄山だって、オヤジギャグを撒き散らす職場のコークス(燃えカス)だ。その列に並んでいるから筆者も大きな口はたたけない。

 その鉄山氏が一瞬真顔になって、私の顔をのぞきこんで言った。
「ひょっとしたら、俺たちって恵まれていたみたいだぞ。どうやら史上稀な幸せな人生だったようだ。俺たちが生まれる前に戦争は終わっていた。人生の始まりの頃は貧しかったが活力はあった。坂の上には雲があった。高度成長という大波があった。・・・なんだかんだと言って定年まで働いた・・・」
何を思ってこんなことを言い出したのか、鉄山氏の真意も分からないまま、来し方を振り返ってもみる。湧き上がるものは苦いものもあるが、総じてポジティブなものだということは認めざるをえない。

『思想地図』とは、若者の教祖、東浩紀が編集長をつとめるオピニオン誌。そこで、戦後60年の戦後社会というのはすぐれた社会であったと語っている。まさに団塊世代が生きてきた60年のことだ。ただし。
ただし、その戦後社会は壊れていて、さらに大震災が決定的な一撃を加えたと東は見ていた。この若い論客の言い分に耳を貸すことはやぶさかでないが、今のところ、すぐれた戦後社会というボキャブラリーに心を奪われる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-10-14 14:42 | Comments(0)
<< 窓打つ嵐に夢も破れ お墓を買った話 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧