人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

人生下り坂、最高

人生下り坂

「速水御舟」のECS編集が終了するまでデスクで待機していたから、退社時刻は9時を回っていた。たまたま庶務担当のU部長と同じ帰り道になったので、立ち飲みの丸木屋に寄ることにした。久しぶりに10時まで酒を飲んだ。ビール1本を二人で分け、さつま白波のお湯割りを2杯飲んだ。話題は仕事の段取りと景気の動向のことばかり。オトナの話題はつまらない。そんななかU部長が何気なく言った言葉に傷ついた。心がかじかんだ。そのままシミとなり、思いがけずじわりと広がった。酒など飲まなきゃよかった、後悔した。

家に帰りついて、どうしても映画「セント・エルモス・ファイアー」が見たくなり、DVDをセットした。7人の男女の学生仲間のなかでのある恋模様が気になって仕方がない。頭から1時間半ほどは早回しにして、残り40分ほどをぼんやり見た。見ながら、「青春の光と影」の曲を久しぶりに思い起こしていた。この映画はまるで青春の神話を見ているようだ。

そしてラストシーン。メンバー全員で長距離バスに乗ってニューヨークに向かう仲間を見送る、別れの場面だ。見送った後、馴染みのレストランバー「セント・エルモス・ファイアー」の前を通りすがるときの画面に嫋々と流れる気分が、当方の胸に沁みこんでくる。遠い日の、私も人と別れていった時代のことを重ねていた。「青春の十字路」という言葉がぼんやり浮かんだ。時計を見たら午前1時を回っていた。

 今朝の光のなかで、嫌な気分は振り捨てよう、楽しいことだけ思い描こうと自分に言い聞かせた。昨日の夕方にもらった電話のことを思い出した。
電話の主は、3年前に「冬ソナ」談義をしたカルチャースクールの会員のKさんだ。半年の講義を終えたあとも、年に1,2度懇談をすることがあったが、さすがに3年経って音信も絶えていた。冬ソナを愛する有志5人は全員女性。平均年齢70。最高齢は80歳を超えている。その人たちが、久しぶりに私と話をしたいと呼びかけてきたのだ。私の番組作りの話を聞いていると元気が出るというのだ。ちょっとくすぐったい気がした。それにしても当てにされるということは嬉しいものだ。
20日を過ぎれば仕事に段落がつくから、その頃お会いしましょうと返事をした。

 メールをチェックしたら、シンガーソングライターのYさんからも一度食事でもしないかとお誘いがあった。与謝野晶子や金子みすずを歌い続けている信念の人だ。最近、茨木のり子の新曲を出したというニュースを何かで読んだ。Yさんとは30年以上の付き合いがあるが、この3年ほどはすっかりご無沙汰していた。そろそろお会いしたいと思っていた。 Yさんにも20日過ぎに連絡をするとしてメールを返しておいた。
 
 BSプレミアムの番組で、火野正平の日本全国自転車の旅がある。たしか私と同年だから還暦を越えて頑張っている。その自転車の旅、苦しいのは坂道だが、下り坂は別だ。楽ちんだ。そこで叫ぶ「人生下り坂、最高」。この言葉、当分わたしのモットーにしよう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-10-07 08:48 | Comments(1)
Commented by まろ at 2011-10-08 14:37 x
「セント・エルモス・ファイアー」は本当にせつなく心にしみる映画でした。私も時々、DVDを借りてセンチメントな思い出にふけっております。デミ・ムーアを始め当時のハリウッドの青春映画スターが総出演といった、今から考えるとずいぶん贅沢な映画でした。
それとはちょっと傾向が違いますが「アメリカン・グラフィティ」も忘れられない映画です。ああいう「青春のバカ騒ぎ」は誰しも経験のあることで、その後の人生の転変や辛酸があるからこそ、よけいに青春がせつなく輝いて見えるのでしょうね。あの映画もリチャード・ドレイファスやハリソン・フォードなど、後のハリウッドの大スターばかりで、ジージ・ルーカスの脚本もよかったなあ、と。
「速水御舟」、楽しみにしております。
<< ケータイがなかった頃 韓流イベント >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧