人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

聖エルモの火

聖エルモの火

 先日、「ヒポクラテスたち」を見て、青春の喪失を主題にした映画が気にいったので、同系の映画を探したら、「セント・エルモス・ファイア」に出会った。

 ジョージタウン大学をそろって卒業した7人の仲間が、馴染みの店<セント・エルモ>に久しぶりに顔を合わせた。弁護士志望のカーボ、ミュージシャン志望のビリー、ジャーナリスト志願のケヴィン、政治家を目ざすアレックス、建築の勉強を続けるレスリー、銀行に就職したジュールス(デミ・ムーア)、ソシアル・ワーカーのウェンディ。七人七様の生き方で社会に出た。そんな彼らが在学中から心の拠り所にしていた溜り場であるバー・レストラン<セント・エルモ>。その後、この7人の間で、さまざまなことが起こっていくという物語。

 昨夜10時から見始めたので見終わったときはすっかり深夜となったが、面白かった。それにしても若い頃のデミ・ムーアは荒削りでいい。「ゴースト」の頃はめっきり女らしくなってしまうし、その後はマッチョでごつい女に変わってしまうのだが、まだ初々しさの残るこの時代のムーアにすっかり心ひかれた。公開年を調べたら1985年だった。

 この映画の“読後感”は「ヒポクラテスたち」とよく似ている。青春が終わってしまったという甘いせつなさが残るのだ。そういう気分に浸りたかったからまさにドンピシャだった。

 映画の最後に、ミュージシャンとして旅立つビリーのエピソードとなる。高速バスでニューヨークヘ向かうビリーを見送る6人の仲間たち。帰りに、昔よく溜まった<セント・エルモ>の店の前を通ったとき、誰かが言った。「もう、<セント・エルモ>じゃないぜ」。この決め台詞がぴたっと嵌まるシーンだ。製作者たち(フィルムメーカーズ)は、これを描きたかったのだ。よく分かる。

 この店前の場面がエンディングのタイトルバックで使われるが、その長回しを見ていて、京都の進々堂を思い出した。まさに学生街の喫茶店の光景だった。先日、講師で来てくれたQさんのセンチメンタルジャー二イがまざまざとよみがえった。20年ぶりに訪れた母校のキャンパスと周辺を巡ったQさんの紅潮した顔を思い出したのだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-10-04 09:25 | Comments(0)
<< 益々 何か気配が >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧