人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

千代女の逸話

千代女の逸話

今朝は秋というより冬を感じさせる寒さであった。明け方の厠行きではぶるっと身内が震えるものであった。
朝食で鰊なすびを腹いっぱい食べたこともあって、久しぶりに北陸の秋を思い起こした。10月に入ると、小学校の校庭は冷えて、朝の休み時間の鬼ごっこも足裏に冷気が沁みたものだ。昭和30年代は、上履きなどなく裸足で飛び回っていた。だがその冷たさは嫌ではなかった。鬼に追いかけられて校庭の端のポプラの木まで駆け抜けると、肺深くまで沁みこむ冷気が心地よかった。

 偉人伝を詠むのが好きだった。
松任名物あんころ餅は甘くて美味しい。大好物だった。加賀の千代女は松任の在と紹介があったので、親近を覚えて伝記を読んだ。
ところが、そこの記された千代女のエピソードは、読んでも理解できなかった。作者は何を言おうとしているかさっぱり分からなかった。

中央の俳人各務支考が松任にやって来たときのことだ。俳句についての教えを請いたいと千代女は支考の逗留する宿を訪ねた。
 宵の口だったから、支考はホトトギスという題を与えて千代女に何かひとつ作ってごらんと句作を命じた。しばらく考えて千代女はさらさらと短冊に記して支考に見せた。それを読んだ支考は面白くなさそうな顔をして、もっと他にと促した。千代女は内心かっとなった。これでは自分の句を否定されたのも同然。なんとか支考のハナをあかしたいと、意地になって矢継ぎ早に作った。
 いっこうに支考は色よい答えをくれない。夜は更けていった。短冊の山が出来た。
やがて夜は明けた。光が部屋に差し込んできた。
疲れきった千代女は、万策尽きた思いでのろのろと筆を滑らした。そして短冊を見せた。
ホトトギスホトトギスとて明けにけり
それを読んだ支考が莞爾として笑って、「それでいいのだよ」と語った。

この逸話の何が面白いのかいっこうに分からなかった。第一、褒めたというホトトギスの句の良さが理解できなかった。

今朝、新刊の新潮選書『子規は何を葬ったのか』を読んでいて、ハタと思い当たった。
近代俳句は正岡子規によって確立されたといわれる。小林一茶以降子規の時代まで、俳句は月並み調に流れて駄目になった。駄洒落、教訓、嫌味、小利口ぶるなど俗受けするような句が主流になって、芭蕉の唱えた風雅の道から離れたというのだ。それを正したのが、明治期に登場した正岡子規というのが俳句史における定説である。

その堕落したといわれ長く無視されてきた月並み俳句を再評価しようというのが、今朝読んだ『子規は何を葬ったのか』。そこで取り上げられていた句が、私の胸にビビンと響いた。
朝顔に釣瓶とられてもらい水 千代女
井戸端で、釣瓶に朝顔が巻きついていた情景の句だ。そこで停めればいいものを、もらい水という理屈を千代女はつけた。それが句として堕落した月並み調になったのだというのが、子規の批判である。つまり、千代女は月並みの句を詠む代表選手として考えられていた。その彼女が、一晩寝ないで悩んだ末に作り上げた句は作為のない素直な句だった。つまり悪しき月並み調を脱したということに、あの伝記の作者は意味を見出していたのだ。

ホトトギスの兼題で俗受けするような句を作り続けた末に、窮余の一策、破れかぶれで現在の境遇(シチュエーション)を、千代女は詠んだ。
ホトトギスホトトギスとて明けにけり
ホトトギスホトトギスといって句を詠みつづけて、夜が明けてしまった。とまったく作為のない句に到達した。そのことが素晴らしいと、この評伝の作者は言いたかったのだ。ということに、今朝私は気づいた。

伝記を読んだのが12歳の頃だったから、50年、半世紀を経てやっと理解できたのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-10-02 11:45 | Comments(1)
Commented at 2011-10-02 19:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 何か気配が 見る力 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧