人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

炎の美

風はどこへ

お彼岸の連休3日のうち2日は編集作業に奪われた。
10月17日放送の「速水御舟」の仕上げに入っているのだ。彼の大正14年の名作「炎舞」にまつわるエピソードを紡いでいる。これは現在山種美術館に所蔵されていて人気の高い作品だ。紅蓮の炎が燃え上がり、その先端に5匹の蛾が群れているという幻想的な絵、「炎舞」。重文に指定されている。この絵が描かれた2年前の大正12年に、関東大震災が発生し大正ロマンはことごとく破壊され、人事はすべてが無に帰すことになる。この惨事の真っただ中に御舟はいた。

当日、上野の美術館にあって院展の見学に行っていた御舟は、遭難するや、自宅がある目黒を目指して同行の義兄と歩いた。彼はその2年前に電車事故で片足を切断し義足という身の上である。品川まで歩いて、そこで自宅に電話をかけて家族の無事を知るや、御舟はひとりスケッチブックをもって阿鼻叫喚の炎都に飛び込んでいく。どこを彷徨したか詳らかではない。一説には2,3日帰って来なかったという。大川でおびただしい焼死体も目にしたようだ。そして、目黒長者丸の家に現れたときには疲れ切ってぼろぼろになった状態になっていた。一息ついで家人に語った出来事はまさに往生要集の世界であったと孫の吉田氏が証言する。

御舟はスケッチブックにたくさんの惨状を描いたのだが、現在2枚しか作品は残っていない。昭和10年ごろ、御舟が亡くなる直前にかなり作品を処分したといわれ、おそらく震災のスケッチもそのときに消えたと推測される。なぜ、未曾有の体験を描いた作品を廃したのだろうか・・・・・。

残された2枚の絵は意外にも静謐な風景だ。鎮火したあとの廃墟を描いたもので、そこには人影も炎も旋風もない。燃え残ったビルの廃屋があるのみ。色鉛筆で着色したような淡い色合いだが、画家の松井冬子さんは筆の圧力に尋常でないものがあることを、見抜いた。

松井さんは現代日本画家を代表する若手のひとりだが、己を信じて独歩した御舟を長く尊敬、研究してきた。その縁もあって、今回の番組でもコメンテーターとして、茅ケ崎のアトリエ、「炎舞」を描いた軽井沢へと旅をしてもらった。

御舟が「炎舞」を描いた夏に合わせて、同じ場所で今回たき火をして、松井さんに立ち会ってもらった。そこで彼女は何を感じていくか、番組をご覧いただきたい。

それにしても、昭和初年に御舟が親しんだ画室が今も残っていることは驚きであった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-09-26 09:17 | Comments(1)
Commented by まろ at 2011-09-27 21:34 x
美術番組を担当していて、以前、速水御舟の「炎舞」はとりあげたことがあります。あの紅蓮の炎に彩られた「装飾的世界」にはちょっと圧倒された覚えがあります。
私の知らない史実やエピソードもあって、とても勉強になりました。
あの絵が余りにも有名なせいか、私は個人的には「墨牡丹」の方が好きなのですが。墨の濃淡だけで牡丹の量感まで描き出すその手腕に脱帽しました。山種美術館は新しくなって、ちょっとどうかなあ・・などと。
<< 秋風吹いて 今朝の秋をかみしめて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧