人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

今朝の秋をかみしめて

今朝の秋をかみしめて

起きると部屋がひんやりしていた。とうとう秋が来たのだ。季語の「今朝の秋」はもっと早い時期に置かれているのだが、実感としての今年の秋は本日のような気がする。

読みかけていた、アン・タイラーの『ノアの羅針盤』は終わった。終章まぎわのクライマックスの波におおいに揺さぶられていたが、最後はあっけないほど平板な日常で物語は閉じられた。律儀なクェーカー教徒の精神を分け持ったタイラーらしい禁欲的な終わり方だった。60歳独り者の老後の生き方を追ったこの話は、文化の差はあれ、自分の身に置き換えて、身につまされて読んだ。
アン・タイラーの成熟した大人の目に惹かれ、敬意を抱いた。親がアルツハイマーに侵されているので69歳になったタイラー自身もその不安におびえることがある、とあとがきで知るとなんとなく近い存在に思える。

昨夜は遅くまで、大森一樹の映画「ヒポクラテスたち」を見ていた。1980年のATG映画でその題名だけは知っていたが、見たのは昨夜が初めて。「風の歌を聴け」で大森には幻滅していたので見る気がなかったのだが、あるエッセーでこの映画をつよく推奨していたので5本1200円のツタヤ商戦にのってレンタルして見ることにした。
 面白かった。80年の時代風俗が記録されていることに対するノスタルジーもさることながら、モラトリアムを続ける医大生の「甘ったれた」気分が実に爽快だった。むさくるしい男たちに交じって紅一点の伊藤蘭が素敵だった。一番最後のカット、彼女の肖像のフェイドアウトは心に沁みた。まるで、本物の伊藤蘭が死去したかのような悲しみを覚えた。医者になろうと志したにもかかわらず、その夢を果たせず退学したのち、自ら命を絶った「伊藤蘭」。

 私の学生時代にも、男とひけをとらないほど勉強が出来て頑張った女子がいた。だが時代はまだ彼女たちを遇することもないまま、定年を迎えることになった。上野千鶴子などはその世代だが、彼女だけは恵まれていたなと彼女の努力を無視して勝手に彼女の運の強さだけを評価する。

 あふれるような才能を他人に見せることもなく、現役の舞台から退いていったおおぜいの女たちのことを思い起こさせる「伊藤蘭」。金沢のお城の中の大学でいっしょに机を並べて学んだおおぜいの伊藤蘭たちも、その後能登や富山の教育界に散っていって、昨年あたりにリタイアしたはずだ。彼女たちはどんな人生を送ったのだろう。これからの老後をどんなふうにして生きていくのだろう。

映画の舞台は京都。鴨川に架かる荒神橋。その河原でデートする伊藤蘭の寂しい横顔。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-09-25 09:30 | Comments(1)
Commented by まろ at 2011-09-27 21:44 x
いろいろ意見はあっても「ヒポクラテスたち」はやっぱり今もせつなく心に残っています。医大性たちの「甘ったれた」た青春を等身大に描いた手腕はとっても印象的でしたし、あの頃の大森は輝いていましたよ.
伊藤蘭の横顔は鴨川のきらめきとともに、今も私の青春の「残像」として心に残っています。
私は荒神橋の前の大學に2年間だけ通っていました。
こんなことを書いてもまたスルーされるのかなあ・・・
<< 炎の美 投げ出されたものとして >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧