人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

悪人

悪人

新刊『日本人は何を捨ててきたのか 思想家・鶴見俊輔の肉声』を今朝読んだ。
昨日は、10月16日放送の「杉本文楽」のナレーション入れで追われたから、午後8時過ぎに帰宅すると、疲れがどっと出てすぐ寝た。

6時前に目が覚め、瞑想30分の後、本書を手にし、内容は対談形式という読みやすさもあって3時間でおおよそを読んだ。本書は、1997年の教育テレビで放映された対談番組をベースにして、その後2回ほど追加対談をして、今年の8月に出版されたと、あとがきで対談相手の関川夏央が書いている。

後藤新平の孫であり、大臣までやった鶴見祐輔を父にもち、英才の誉れ高い鶴見和子を姉にもつ、鶴見俊輔。恵まれた閨閥のなかのお坊ちゃまと揶揄されても仕方がない環境にあったのだが、当人はいつも自分は大不良であり、大悪人と称する。勉強だけが出来る一高一番のような秀才はいちばん間違えやすく、自分のような悪人は状況を読むことができる(はず)と自己認識している。14歳のころから女と出来たりして、父親の髪を真っ白にするほど心配させたりした出来事を挙げて、不良だと喧伝している。べ平連を作ったり、「転向論」を編んだり、漫画「寄生獣」を評価したりする、89歳の大老人。

70年代の初めから、ときどき鶴見の書を読んできたが、いつもどこかでハグラカサレテいるような気になっている。いつ読んでも、彼の悪人説には「嘘ばっかり」と半畳をいれたくなる。だが、彼の交友や読書圏が面白くて、そこに登場するあまり有名でない人物たちの固有名詞に出会いたくて、彼の著作は出ると必ず購入してきた。

この本では、おそらく関川の関心もあってか、藤沢周平について、鶴見が言及していることが興味深い。山本周五郎のような大衆小説は評価しても、藤沢のような「華麗な」時代小説は鶴見の好みの外だと思っていたのだが、どうやら私などがもつ好感とは違うところに、鶴見は関心をおいているようだ。

30年も前から、教育テレビの番組を制作してきた者として、鶴見にずっと関心をもってきた。そのあいだ、私の同僚や後輩たちが幾人も挑んで、いい番組を作ってきた。もはや、テレビで記録するようなこともなかろうと思っていた、この2011年の大震災後に、本書が出されたということに驚いた。
 私には、もうひとり、京都に隠棲している人物に話を聞きたいと考えているのだが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-09-19 13:45 | Comments(0)
<< さよなら原発 ナレーション入れ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧