人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

月の出がこんなに美しいとは

月の出がこんなに美しいとは

映像メディア論のゲストに、今年はQプロデューサーに来てもらった。
彼は本学の社会学科の出身で、OBでもある。在学中は演劇に夢中でほとんど授業には出なかったそうだ。それでも5年間(1年は浪人時代)過ごした京都は彼の青春の地で、20年ぶりにキャンパスに入ったと感激していた。サークル活動に明け暮れたQさんにとってキャンパスよりも周辺の喫茶店や食堂のほうが懐かしかったらしい。授業を終えたあと、ひとりで見て回りにあまりの様変わりにショックを受けつつも往時を思い出して、バックツースクールを堪能したようだ。

彼が講演で披歴してくれたドキュメンタリー論は感動的であった。番組作りの原点に赴任地熊本での体験があったのだ。
そこで「水俣」という大きな主題に遭遇した彼は、その巨大な「壁」に幾度も立ち向かうが、なかなかこの複雑にして不可解な出来事の本質に切り込むことは難しかった。そんなとき、番組を通して知った熊本大学の原田正純先生から言われた言葉がQさんの内奥に響いた。「見たものの責任」という言葉であった。
その経緯を実に淡々と語るなかで、ある瞬間声が裏返った。驚いて顔を見ると、少年のように紅潮したQさんが声をつまらせていた。原田先生のエピソードを語っているうちに胸に迫るものがあって言葉を失ったのだ。番組を作るということは、人と人との関係性を構築することだということを改めて思い出した。Qさんは自分の体験を通して学生たちに、表現することの喜びやそれにともなう苦労を率直に語った。久しぶりに番組を愛する仲間の姿を見つけて嬉しかった。

夜、鴨川の「床」で主任教授のS先生、Qさんと三人で打ち上げを行った。四条大橋より下った五条に近い鴨川のほとりで喧噪も少ない場所だ。学生時代のエピソードをあれこれ思い出したQさん。すっかりセンチメンタルジャーニィのモードに入っていた。
隣に座っていたS先生が「あっ」と小さな声で叫んで東山のほうを指さした。
見ると、山入端に月がすぽんと飛び出たところであった。それはそれは美しい満月である。見とれた。ものの10分もしないうちに、月は高くのぼって、地上を煌々と照らす。東山の峰が影絵となる。京都でしか見られない光景だ。鴨川の流れも穏やか。あとで調べると月齢は15、まさに満月。月の宴と洒落こんで、話は深夜まで続いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
月の出がこんなに美しいとは_c0048132_21341265.jpg

by yamato-y | 2011-09-15 07:47 | Comments(1)
Commented by まろ at 2011-09-15 18:25 x
鴨川の床で月見なんていいですねえ!
私も学生時代は京都だったので懐かしいです。鴨川べりにはつらい思い出もたくさんあって…(泪)
でも、小津も成瀬もトリフオーも知らないとはちょっと驚きですねえ。何か文化の「断絶」のようなものがあるのでしょうか。そんな彼らに映像を語るのはなかなか至難の業だなあと推察します。
<< リポートを読む楽しみ 京都の暑い秋 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧