人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

天野忠の老年

天野忠の老年

京都の孤高の詩人、天野忠のエッセーが本棚の隅から見つかり、ちょっとのつもりで読み始めたら止まらなくなった。本当は、橋本大三郎の今話題になっている「キリスト教とは何か」という新書を読むつもりだったのだが、昨夜は遅くまで天野に溺れた。
80過ぎまで生きた天野も、70をむかえる頃から老いを意識していた。それが、今の私の関心とかぶっているようだ。

本筋のテーマでなく、孫についての記述が滅法面白い。茨木で英語の先生を勤めていた長男が、そこで知り合った米国人と結婚してコロラドへ去った。かの地で2男1女を得た。上から、由美子、ジミー、ヒューだ。上の由美子とジミーが京都の天野宅を襲った一夏の思い出はみずみずしい。ジミーは幼稚園にあがったばかりのようだ。来るなり、靴のまま畳にあがり、庭に出て盆栽の鉢を蹴り、座敷にあがって泥だらけの靴で座布団に座ったとある。京都のおっとりしたジジババの仰天が分かろうというもの。

この青い目をした孫のことを、天野はずいぶん心待ちにしていたようだ。
それから10年経たないうちに、天野は車椅子の暮らしになる。その頃、日本の学校で教師をやっていた由美子が、天野宅に寄宿するようになる。由美子といっても顔は外人だ。だが気質はめっぽう優しい日本人。それでも、頑固でうるさい天野から見ると、行儀の悪い20代の今風の女の子に見える。呆れて、「親の顔が見たいわ」というと、由美子は「親の親の顔を見たいわ」と切り返して、ハハハと笑ったと、天野は本当に嬉しそうに記している。

いいなあ。こんな風景をいつかホームドラマに書いてみたいものだ。若い頃は恵まれなかった天野も、晩年になると評価が高まるだけでなく、プライベートでも優しい妻女と可愛い孫と義理堅い友ダチに囲まれて、いい人生を送ったようだ。
彼が引用している、太田垣蓮月尼の手紙の一節を引用しておこう。
「三十にてうんのひらけるもあり六十七十にてひらく人の御座候事ゆえ、ご機嫌よく長寿され候事のみねがい上まゐらせ候・・・」
運の開けるのも、30歳頃のこともあれば、60、70になって開けることもあるよと、優しい尼は諭しているのだ。
天野さんの人生はまさにこれだ。だが、とはいっても晩年の体の不自由は随分彼を苦しめたとも推測される。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-09-10 13:45 | Comments(0)
<< 自然の鉄則 自分の知らない自分 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧