人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ふるさとの町

気比さん祭り

子供の頃、二百十日の頃になると台風が来たものだ。ちょうど気比さん祭りの時期で、店頭に並ぶ梨が大風に吹かれて路上にごろごろ転がった。秋祭りは十日以上続く長いもので、近在から人も集まってにぎやかなものだった。宵宮などは、町全体がウキウキしていた。昭和三十年代の敦賀にはまだ原発立地の話もなく、北陸の玄関口として、交通の要衝として賑わっていた。

今では、町は死んでいると書かれるようになった。馳星周の『光あれ』という小説は、原発で死んでいく敦賀の町を舞台にしている。この小説のキャッチコピー、「おれたち、なんでこんな眠たい田舎町に生まれたんやろうな」。こんな町に生まれたことを後悔している。

主人公徹は原発の下請けのガードマン。他に産業がない町では原発とつながってしか生きていけないとある。出身は敦賀半島突端の立石。まさに原発が立地する区域だ。地元の信用組合に勤める真理と結婚したがうまくいっておらず、水商売の年上女や友人の妻とごちゃごちゃしながら生きている。三十代の主人公は私などから親子ほど年令が離れている。
たしかに三十年違えば、敦賀体験も違うだろう。この小説に書かれてある出来事も町の風景もいっこうに私の知るところではない。ウラブレテ、退廃した、何の希望もない町になりさがっている。
作者の弁。「原発の周辺で暮らす人々も、漠然とした不安をそのうちに抱えながら、しかしその不安に気付かないふりをして生きてきた。いや、そうやって生きるしかなかったのだ」
フクシマで起こっている原型がここにあるといわんばかりの作者の弁だ。

一読して、これは私の町のことではないと思った。少なくとも、私が知っている町ではない。そう否定をしておきながら、だがこの町に三十年間に起きたことをおまえは知っているかと聞かれると、自信がない。
だが、私の知っている敦賀の町には、「花換えまつり」などというのは年中行事になかった。美浜も水晶浜も立石も域内ではなく、遠い異郷だとしか感じていなかった。車を駆って走らせる高速道路もなかった。

主人公が最後に発する言葉に反発を感じてしまう。≪おれが社会に出たころから、敦賀はゆっくり死にはじめた≫
この小説は、今年の三月の「事故」をきっかけに書かれたものではないらしい。初出は二〇〇九年八月号の「オール読物」とある。それが単行本として出たというのは、やはり時宜を得たということなのか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-09-05 08:25 | Comments(0)
<< 自分の知らない自分 ローソクの話 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧