人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

目にはさやかに見えねども

目にはさやかに見えねども

今朝の雲は秋だった。
瞑想を終えて、窓の外を見たら透き通るような風が流れていた。太平洋上、はるか父島あたりに台風が居座っているそうだが、今日の関東地方はすっかり秋となった。

向田邦子原案のドラマ「胡桃の部屋」が話題になっている。民放の今風のドラマがうまくいかないなか、このドラマは平均10パーセントの視聴率を得ているそうだ。この作品はもともと向田のエッセーでしかなかったのだが、シナリオ化してドラマにした作品だ。昔、朗読劇として放送されたような記憶があるがさだかではない。向田脚本のドラマというわけではないが、それでも彼女独特の香りがすると評判をとっている。ここに来て、向田伝説が再び取沙汰されている。先日読了した鴨下信一の向田論はめっぽう面白かったので、最新の太田光の『向田邦子の陽射し』も読むことにした。

4,5年ほど前になるだろうか、私が作った「向田邦子が秘めたもの」という番組の一部を太田光が使いたいという話があった。どうやら、向田の若き日の恋人のことに太田が言及したいので、その材料として、拙の番組を所望したらしい。そのときから、太田光が向田文学に執心していることを知ってはいた。が、彼の向田論を実際に読んでみたいという気は起らなかった。その意味で、『陽射し』ははじめての書となる。
冒頭の「思い出トランプ」に関するエセーはまあ面白かったが、「あ・うん」の幸福論はつまらなかった。太田の文章に湿り気も味もなかった。洞察も鴨下のような意地の悪い目が光ってはいなかった。読む意欲が失せた。ぱらぱらとページを繰った。

向田の父のことを言及している箇所で、ふと手が止まった。「父の詫び状」のモデルであり、いつもガミガミ怒鳴り散らしていたというあの伝説の家父長だ。向田の父というのは、晩年に至ってそれまでの横暴さの角がやや丸くなって、老人の風貌を見せ始めたという印象がある。むろん、向田のエッセーからの推定だが。私のなかでは、70代半ばの老人をイメージしていた。

「父」の亡くなったときのことを向田は記している。その件は以前たしかに私も読んでいた。「父」は好きなプロレスを見て、酒を飲んで寝たら、翌朝には昇天していたと向田は記していた。そこまでは、以前読んだ記憶どおりだった。だが、寿命をあらためて読んでたまげた。64歳とある。
ナニイ、64。今の私と1つしか違わないじゃないか。
頑固で卑屈で権柄づくの父。傷心の向田を慮って、実家から追い出した父。酸いも甘いも知り尽くした父。それが、64歳だったとは。もう、あと1年しか私にはない

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-08-30 08:03 | Comments(1)
Commented at 2011-08-30 08:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 本当に強い人は 夏の終わりのベランダで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧