人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

風よ雲よ空よ

風よ雲よ空よ


風よ雲よ空よ お前たちは知ってるかい、というペギー葉山が歌った歌があったよな。
ラジオ歌謡かなにかで流れていた。学生時代の頃だから1968年ぐらいだったろうか。
夏の信州の山々を思いながら、この歌を聴いていた。

 暑い日が続いて危険とワイドショーは警告しているが、あの頃だって相当暑かった。連日35度を超えていたし、熱帯夜は1週間は続いていた。クーラーなどはなく、もっぱら団扇しかなかった。本を読むべき時代であったが、読んでいない。もっぱら貸本屋の大衆小説ばかり読んでいた。石原慎太郎の青春小説や山田風太郎の忍者小説だった。白土三平に夢中になっていたか。映画は好きだったが、劇場で見る金もなかった。

 外国へ行くことに憧れていた。五木寛之のようにシベリア経由でヨーロッパへ行ってみたいと夢想していた。近づいていた1970年代というものが、何か希望に満ちたものがあると、無根拠に信じていた。せめて気分だけでも味わおうと、五木がよく溜まっていたという喫茶店ローレンスに入り浸っていた。

 思い立って内灘へ行った。暑い日なのに、木陰などない砂浜の海水浴場へ向かった。金沢駅そばの私鉄の駅から電車に乗ってガタコト揺られた。
案の定、内灘の砂丘は白茶けて、爆発しそうなぐらい暑かった。そこまで行ったのに水遊びもしないで町まで戻った。あの頃の駅前はバス乗り場しかないさびれた場所だった。常盤橋経由循環バスに乗って尾張町まで。

 夕方になると、卯辰山に登った。頂上の公園まで上がり、遠く日本海を見て降りてくるだけの意味のない散歩。金がなく時間だけが余っていた。
それから半月ほど経った秋祭りの頃、胸ときめく出来事に出会う。あの狂おしいような激しい時間がやって来るのだ。そんなことも知らず、時間を持て余してぼくは退屈していた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-08-12 07:31 | Comments(0)
<< 減速 左ぎっちょ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧