人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

63の夏

朝の電車に乗り込んで

ツヴァイクの道を降りしなに、鶯の声を聞いた。ゆったりとした鳴き声は蝉しぐれのなかにあってよく響いた。春先の鶯は臆病で人の気配がするとすぐ鳴きやむのだが、真夏ともなると図太い。足音を立てても鳴くことをやめない。山道を下りながら、背に鶯を聞きながら、気持ちよく森を歩いた。真夏の強い光が草むらに落ちて濃い影を作り出している。遠く相模湾は白くかすみ、今朝は江の島が見えない。

昨日は夕方から海水浴に出かけた。日がかげった4時過ぎ、海水パンツのままで家を出た。大磯海水浴場の入り口で異変に気がついた。浜茶屋の賑わいがない。去年の夏に比べて人の出が少ない。がらんとした浜辺にFM横浜のDJの声が空しく響く。いつもでない大磯の夏。やはりフクシマの変が太平洋側の浜辺に影響を与えている。

夕方の波は大きい。5、6秒ごとに立ち上がって来る波は2メートル以上ある。押し寄せる波より引く波のほうが力強い。汀に立つ足を引っ張りこむ。水際で幼児がばちゃばちゃ水遊びぐらいでしっかり泳ぐ人はほとんどいない。レスキュー部隊も手持無沙汰だ。
大波を2つほどやり過ごしてから体を水に預けた。平泳ぎで沖に向かう。たちまち海水を飲んでむせ返る。むせると焦って手足がばたばたになる。なればなるほど失速する。水を掻く手が重い。体が沈んでいく。ダメだ。慌てて岸に引き返す。砕けた大波に乗って浜にもどった。
何てこった。わずか7,8メートルしか泳いでいないじゃないか。遠泳に挑んだ少年の日はどこへ行った。
小林勇は毎年鎌倉の海を泳いで65をむかえたと書いていた。そこまでにあと2年を残す私が、8メートルしか泳げないとは。情けないやら口惜しいやら。
砂浜に腰を下ろして、波に乗るサーファーたちを見た。はつらつと飛び回る姿は美しい。若さの濫費。只中に在るときはその無駄こそ腹立たしいのだが、今となってみればその苛立ちが懐かしい。

砂をつかんでいた手にガサリと触れたものがある。見ると千円札が2枚。どうやら落し物らしい。砂のなかに埋まっていたのが浮かびあがったようだ。宝探しの「景品」だったのだろうか。2枚のお札がきちんと並んでいた。

風が出てきた。もう一度、波に挑んだ。浜に直角でなく斜めに角度をつけて沖を目指す。20メートルほど沖に浅瀬がありそこまでたどり着く。ぜいぜい肩で息をしながら岩場の岩に手をかけた。重いからだを起こして岩に腰を下ろす。そこから見た沖は不気味に白く光っていた。63歳の夏も泳ぐことができた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-08-08 15:23 | Comments(0)
<< それはひどい 今年の8・6 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧