人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

66年目の広島の日

66年目の広島の日

6時前から瞑想を始め、6時15分過ぎに終了。相変わらず雑念が多い。目を閉じて数分で鬢のあたりに汗を感じて、気持ちがなかなか集中しない。
実施率が50パーセントしかないから未熟なのだ。どうしたら夕方の瞑想が可能となるかまだ方策が見当たらない。そのうち改善するだろう。

目を開けると空はうすぐもっている。風もない。静かな朝だ。
8月6日は忘れてはならない日だ。人類にとって最初の核攻撃を受けた日であった。瞬間的な爆風、熱線の破壊もすさまじかったのだが、その後緩慢に襲ってきた放射能の威力は人類が初めて体験するものであった。それから66年の間に、日本人は長崎、ビキニ、フクシマを体験する。兵器としての核ばかりかエネルギーの核をも日本は被害として受け止めることになる。こんなことがあるだろうか。

あまりに苛烈な運命に襲われると、かえって自分たちは特別だと思いたがるユダヤの選民思想を同意したくなる。ここまで核の脅威にさらされる日本人というのは、何か特別な使命を与えられているのかと勘繰りたくなる。(そんなわけない)

今朝は8時半までに出社しなくてはならない。9時から「極上美の饗宴」の作品の手直しがあるのだ。明日の再放送に備えての措置だ。そのため、8時15分の黙祷はおそらく渋谷の街を歩いている時刻になるはずだ。

昨夜、日本テレビで戦争関連ドラマ「この世界の片隅に」が放送された。2時間の長いドラマで、戦時下の呉、8月6日のきのこ雲遠望、廃墟の広島などずいぶん金のかかったドラマだということは分かった。こうの史代の原作に比較的忠実に描いたドラマだということも分かったが、どこか乗れないものがあった。何でだろうと考えたのだが、おそらく漫画表現の特性を見定めてのテレビドラマ化ではなかったからではないか。こうのさんの漫画はリアルなものだけで構成されていない。独特のファンタジーもある。それを真っ当に「絵」にしたところに違和感が残ったのではあるまいか。
キャスティングでは、主人公のすずを演じた北川景子は悪くはないが、ややたくまし過ぎる。綾瀬はるかぐらいがいいのだが。でも、すずはまだいい。それ以外の配役は、おひさまの配役にくらべるとまったく不十分だった。特に夫の北条周作は外れていると感じた。

 観客というのはまったく勝手な王様だ。作り手の苦労など頓着せず好き勝手なことをほざくのだから。今回の「極上美の饗宴」にしても、現場でかなり苦労をして制作したにもかかわらず、客体はさらに高い要求を持ち出すものだと痛感しておきながら、この私とてこのドラマに対して、無理難題をふっかけている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-08-06 07:10 | Comments(2)
Commented at 2011-08-06 09:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pukutyan777 at 2011-08-06 10:14 x
先ほどコメントをしたpukutyan777です。
自分のURLをいれるのを忘れちゃいました。
こちらにも遊びに来てくださいね。
失礼いたしました。
<< 昨日の世界 黒澤の夢 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧