人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

黒澤の夢

黒澤の悪夢

1990年に黒澤明が製作した映画「夢」が今話題になっていると聞いた。8つの話からなるオムニバス映画で、「こんな夢をみた」という言葉で始まる物語。夏目漱石の『夢十夜』を彷彿とさせる不思議な映画だ。
「赤富士」というエピソードが今映画ファンのなかで話題になっているのだ。ネットで調べたら、このことに関連する記事が溢れていた。

 物語はこうだ。男が山歩きをしていると、真っ赤に燃えた富士が現われる。どうしたのかと訝しんでいると、子供を連れた女(根岸季衣)が原子力発電所が爆発したと告げる。別の男(井川比佐志)が6つの原子炉が爆発したと説明する。逃げ惑う人々に襲って来る放射能、プルトニウム239、ストロンチウム90、セシウム137。

この映画を見たときは、「日本沈没」のようなパニック映画だとしか見ていなかった。だが、改めて今見ると、もっと生々しいものを感じる。根岸季衣の叫びが痛い。「原発は、安全だ!危険なのは操作のミスで、原発そのものに危険はない。絶対ミスを犯さないから問題はない、とぬかした奴等は、ゆるせない!あいつら、みんな縛り首にしなくちゃ、死んでも死に切れないよ!」

 黒澤は核に深い関心をもっていたことは、「生きものの記録」という映画を作ったことでも分かる。第5福竜丸の事件が起きた時代だ。さらに原爆に対しても黒澤の関心は低くない。「八月の狂詩曲」という長崎原爆を主題にした映画も作っているのだ。
そして「夢」である。

 予知夢ということではない。十分ありえたことを描いただけだろう。この「赤富士」には「日本沈没」の映画も影響を与えているのじゃないか。
(ちょっと、ここで中断。病院へ行くのだ)
病院から帰ってきた。定期診断で異常はなし。
ところで、大崩壊のお話。1950年代、日本に原発が導入されていく頃の、大衆文化をもう少しチェックしておかなくてはいけないとつくづく思う。

明日は66年目の8・6。広島の日だ。平和の祈りでは、今年は当然フクシマが浮上するにちがいない。
注意深く聞いておこう。ただ、明日は早朝から重要な編集作業が行われることが、さきほど決まった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-08-05 08:15 | Comments(1)
Commented at 2011-08-05 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 66年目の広島の日 愛怨峡 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧